NHK松江放送局トップページ

2010年2月

三上 弥

島根県安来と東京・調布


島根県安来と東京・調布東京・調布市に、写真のような幟(のぼり)が登場しました。
この幟の表記から、連続テレビ小説
「ゲゲゲの女房
http://www.nhk.or.jp/gegege/index.html 」の
〝舞台〟ということが分かります。

このドラマの主人公のモデルは、武良布枝(むら・ぬのえ)さん。
妖怪漫画家・水木しげるさんの妻です。

布枝さんのふるさとは、島根県安来市(やすぎし)です。
島根県庁のある松江市から東におよそ20キロ。
安来は、どじょうすくい踊りや、
民謡・安来節(やすぎぶし)で知られています。

筆者は、安来も調布も訪ねたことがあります。
どのような場面が展開されるのか、楽しみです。

これから予想される問い合わせです。
「安来(やすぎ)はどこか」。

このブログは、島根県外の方のアクセスも多いので、
ポイントを記します。

場所は、過去の記事に書きました。
http://www.nhk.or.jp/matsue-ana-blog/010/28141.html

最も近い空港は、米子空港です。島根県の東隣、鳥取県にあります。
次に近いのが、島根県斐川町(ひかわちょう)にある出雲空港です。
スケジュール次第で、どちらの空港でも利用できます。
バスで米子駅や松江駅に出て、鉄道を乗り継くのが、
一般的なルートです。

鉄道は、JR山陰線に安来駅があります。
いまは、京都や下関から島根に向けてたどるルートではなく、
岡山から伯備線(はくびせん)を経由して向かうのが基幹ルートです。
岡山からは、特急でおよそ2時間20分。
東京、横浜、静岡からですと、寝台特急という手段もあります。

安来と調布の双方を訪ねる場合、
山陰線の安来駅から京王線の調布駅までは、
飛行機を使えば最短およそ4時間半、
鉄道では、6時間半から7時間ほどかかります。

高速道路を使うと、
大阪からおよそ3時間半、岡山からおよそ2時間半です。

NHK松江放送局のホームページには、
「ゲゲゲの女房のふるさと展」についての案内が掲載されています。
http://www.nhk.or.jp/matsue/event/gegege/index.html


写真 東京・調布市 2010年2月 
撮影 三上 弥


参考記事 ゲゲゲの女房・武良布枝さんにきく
http://www.nhk.or.jp/matsue-ana-blog/060/32811.html
2009年12月28日掲載

投稿者:三上 弥 | 投稿時間:11:41 | カテゴリ:三上 弥 |

三上 弥

変化に富む〝島根の空〟


変化に富む〝島根の空〟「晴れ、曇り、雨、雪と変化に富む島根の空」

前々回の記事で、このように書きました。
2月18日(水)から19日(木)にかけての松江は、
変化のある空模様でした。

18日の日中は青空で、
夕方には宍道湖(しんじこ)に沈む夕日が見えました。

夜、仕事を終えて歩いていたら、
急に寒くなった感じがしました。

19日(木)朝に目覚めたら雪です。
松江市では、最も多いときで6センチの積雪を観測しました。
日中は一時日がさして、雪はとけました。
午後6時現在、積雪はありません。

今回は特別に、組み写真にします。

天気予報の雪マークを見た島根県外の方から、
「毎日雪で大変じゃありませんか」と時々質問が寄せられます。
しかし、日本海側とはいえ、
西日本にある松江の市街地で雪が降ることはそう多くなく、
降ってもすぐにとけてしまうというのが実際のところです。
この辺もロンドンに似ています。

< 参考記事 これはロンドンだ! 2009年12月21日
  
http://www.nhk.or.jp/matsue-ana-blog/010/32345.html >

予報によると、このあとは雪や曇りのあと、晴れ間ものぞきそうです。

この記事をご覧になっている方の地域の空は、
いかがでしょうか。

< 気象情報 
http://www3.nhk.or.jp/weather/ >


写真 左上 宍道湖に沈む夕日 島根県松江市灘町(なだまち)から
      2010年 2月17日(水)午後5時40分
     左下 京橋川(きょうはしがわ)にかかる東京橋(ひがしきょうはし)
     右上 東京橋から堀川遊覧船のりばを臨む
     右下 白潟本町(しらかたほんまち)商店街
      雪の風景はいずれも 2月18日(木)午前9時すぎ 松江市

撮影 三上 弥

投稿者:三上 弥 | 投稿時間:18:50 | カテゴリ:三上 弥 |

横山 哲也

早起きした朝

早起きした朝こんにちは。
朝ごはんの時間を削ってでも朝はギリギリまで寝ていたい横山です。

2月11日(木)は祝日。
平日の合間にやってきたお休みに、
「寝られるだけ寝るぞ!」という方もいらっしゃるかもしれません。
いつもならわたしも時間を気にせず寝ていると思います。

でも、早起きをした朝でした。
なぜなら、11日・建国記念の日・午前6時30分から53分まで、
総合テレビで「ホリデーインタビュー」が全国、
そして海外に向けて放送されたからです。

これまで何度かブログで書いていますが、
ゲストは、島根県浜田市金城町(かなぎちょう)出身の元広島カープ投手、
佐々岡真司(ささおか・しんじ)さんです。
佐々岡さんは、プロ野球史上2人目の先発100勝100セーブを達成した大投手で
す。

しかし、プロ生活は順風満帆(まんぱん)だったわけではありません。
壁にぶつかったこともありました。
チーム事情を受け入れて、自分の役割を何度も変える経験もしました。
それでも佐々岡さんはわがままを言うことなく、
チームのために投げ続けました。
佐々岡さんの生き様は、野球をよく知らない方、
野球とは全く関係ない仕事をしている方にも
きっと共感するところがあると思います。

わたし自身もこの番組には特別な思い入れがあります。
番組の企画を考え始めたのは1年近く前でした。
長い時間をかけ、
多くの人のサポートを受けて放送につなげることができました。
編集に使ったテープは持ち上げるのが大変なくらいの量です。
袋に入れると、わたしのイスを完全に占領してしまうほどです。
その全てが1本のテープ、23分に凝縮されました。

早起きする価値のあった番組です。


写真 素材のテープが入った袋と完成した番組が記録されたテープ

参考 感謝の心で前へ!! ~元広島カープ投手 佐々岡真司~
     2010年 2月11日(木・建国記念の日)
     午前6時30分~53分
     総合テレビ・全国放送  国際放送・NHKワールドプレミアム

     無事放送することができました。
     取材・制作でお世話になった皆さん、ありがとうございました。

投稿者:横山 哲也 | 投稿時間:16:09 | カテゴリ:横山 哲也 |

三上 弥

11日オンエア・ホリデーインタビュー 


11日オンエア・ホリデーインタビュー 「おはよう島根」の放送後、広島に向かいました。
今回は、広島市中区にある
NHK広島放送局からお伝えします。

松江放送局アナウンスが制作している「ホリデーインタビュー」。
横山哲也アナウンサーは、
映像とコメントのチェックで真剣な表情です。
NHKアナウンス室ホームページに記載されているように、
この番組の制作にあたっては、多くのメンバーの協力を得ています。
横山アナのおよそ10年上の先輩たちが、
知恵と工夫を伝授しているところです。
番組の制作にあたっては、
技術、編集、効果、車両といった各分野のプロもかかわっています。

番組のタイトルが決まりました。
「感謝の心で前へ!! 
  ~元広島カープ投手 佐々岡真司~」です。

チームの方針にしたがって、
先発、リリーフなど役割を変えてきた佐々岡さん。
先発として100勝、リリーフとして100セーブという
プロ野球史上2人目の快挙も成し遂げました。

プロ野球選手も、チームという〝組織〟で、
毎年あるいは毎回のように役割が与えられます。
佐々岡さんの話には、プロ野球に限らず、
サラリーマンなど組織で働く人たち、
あるいは、
学生のように集団のなかで生活する人たちにとっても
役立つ情報が詰まっています。

「感謝の心で前へ!!」「一緒に前進しよう!!」

どんなメッセージなのか。
放送は、2月11日(木)建国記念の日、午前6時30分から。
祝日の朝、NHK総合テレビで全国に向けて放送します。


写真 佐々岡真司さん・プレートの前で
     旧広島市民球場1塁側ロッカールーム(広島市中区)
撮影 2010年1月 
     三上 弥

投稿者:三上 弥 | 投稿時間:17:41 | カテゴリ:三上 弥 |

横山 哲也

南の島でバカンス??

 

南の島でバカンス??妻がお友達から、
「最近、旦那(だんな)さん全然テレビに出ていないね」と聞かれました。
その通りです。
最近テレビに全然出ていない横山です。こんにちは。

本来ならば、
今週の「しまねっとNEWS610」はわたしの担当なのですが、
そちらもお休みしています。
皆さまにはご心配をおかけしていますが、
わたしはいたって元気です。

では、わたしはどこで何をしているのか。
実は、島根県よりも南の「島」に来ています。
といっても、バカンスを楽しんでいるわけではありません。
コバルトブルーの海も見えませんし、
プロ野球チームもキャンプに来ていません。

いまわたしがいるのは「広島」です。
2月11日(木・建国記念の日)の朝6時30分から放送予定の
「ホリデーインタビュー」という番組を制作するために、
広島に長期出張しています。
この番組は23分のインタビュー番組です。
ゲストは、島根県浜田市金城町(かなぎちょう)出身の
元広島カープ投手・佐々岡真司(ささおか・しんじ)さん。
すでに「しまねっとNEWS610」でも、
一部お伝えしましたが、今回はさらにグレードアップしています。

23分もの番組を作るには、
それよりもはるかに長い時間をかけて撮影をしなければなりません。
佐々岡さんのインタビューも、全部で2時間以上かけました。
そこからいい部分だけを凝縮して番組を作っていきます。
ところが、長くインタビューをすると、
どこにどんな話があったか、全て覚えることができません。
そこで、わたしたちは収録したインタビューを聞きながら、
一言一句すべてをパソコンに打ち込んで字にする作業をします。
「字おこし」と呼んでいる作業です。
5分程度の企画を作るときでも、わたしは「字おこし」をします。
今回の「字おこし」は、わたしがこれまでやってきた「字おこし」の中で最大の量でした。
その量、A4の用紙で56枚。
すっかりブラインドタッチがうまくなりました。

ここまでできて、初めて番組制作に取りかかれます。
いま、多くの方のサポートを受けながら作業を進めています。
もうしばらくテレビには出られませんが、いい番組を作ります。
「ホリデーインタビュー」。
祝日の早朝、ぜひご覧ください。


写真 インタビューを「字おこし」したA4用紙56枚
      けっこう重いです・・・
      NHK広島放送局(広島市中区大手町)

投稿者:横山 哲也 | 投稿時間:16:06 | カテゴリ:横山 哲也 |

ページの一番上へ▲