NHK松江放送局トップページ

2009年10月

三上 弥

横山アナの地道な取材〝高校野球中国大会に向けて〟

横山アナ、高校野球中国大会に向けて秋の高校野球中国大会が、鳥取県で行われています。

毎年秋の大会には、中国管内でスポーツ実況を目指すアナウンサーが集まって、

研鑽(けんさん)を積んでいます。

 

ことし、松江放送局アナウンスからは、横山哲也アナが参加しています。

今大会では、準決勝と決勝のラジオ実況を担当することになりました。

すでに鳥取県米子市(よなごし)入りしています。

 

横山アナは、選手や参加校についてふだんから取材し、熱心に研究しています。

島根県内の方には周知のことですが、
横山アナは野球ばかりをやっているわけではなく、

「しまねっとNEWS610」やニュース企画、インタビューも担当しながら、

放送に向けた準備を地道に行っています。

自主的に球場に出向いて取材していることを、筆者は知っています。

 

島根県を含む中国地方の方々、10月31日(土)と11月1日(日)は、

テレビとラジオで高校野球中国大会をお楽しみください。

 

中国地方を除く地域でも、来年春のセンバツなどに向けて、

それぞれ秋の大会が行われていると思います。

 

    ☆   ☆   ☆

 

高校野球中国大会の放送日程が決まりました。

このブログをアップした時点での情報です。

変更の場合は、ご了承ください。

 

▼テレビ[中国ブロック]

 準決勝 10月31日(土) 教育 午前9時55分~11時40分  

                    教育 正午~午後3時ごろ

 決 勝 11月 1日(日)  総合 午前10時05分~11時53分

                    教育 正午~午後1時ごろ

▼ラジオ[ラジオ第1放送・中国ブロック]

 準決勝 10月31日(土) 午前10時05分ごろ~正午

                    午後0時15分~午後2時55分ごろ

 決 勝 11月 1日(日)  午前10時05分ごろ~正午

                    午後0時15分~1時ごろ

 

    ☆   ☆   ☆

 

写真 秋の中国大会にむけて準備する横山哲也アナウンサー

撮影 2009年10月29日(木) NHK松江放送局

     三上 弥

投稿者:三上 弥 | 投稿時間:10:29 | カテゴリ:三上 弥 |

三上 弥

アクセス熱烈歓迎!「十人十色(じゅうにんといろ)ブログも十色」

宍道湖畔(しんじこはん)にあるNHK松江放送局松江放送局アナウンスブログを一新してから1か月が経ちました。

以前に比べて、ヒット数が急増しています。

このページにアクセスしてくださり、ありがとうございます。

 

書き手の松江放送局アナウンスのメンバーも、新しい記事を書いています。

▼「自分は○○という仕事をやった」という文章

▼「○○に行きました」という内容

▼取材や中継でお世話になった方々を紹介する記事など

書き手の個性があらわれています。

 

写真も興味深いです。

▼人物写真

▼仕事をした仲間と一緒に収まる

▼自分が心動かされたものを記録する

ここでも個性を感じ取ることができます。

 

筆者の場合、放送局の公式行事や、後輩たちの活躍、

アナウンス以外の同僚の紹介、番組の告知などを載せるよう努めています。

「松江アナウンスプログ」は2か月目に入りました。

引き続きよろしくお願い申し上げます。

 

 

タイトル考案 井上裕貴

 

写真 宍道湖(しんじこ)の湖畔にあるNHK松江放送局 

    島根県松江市灘町(なだまち)1-21

撮影 三上 弥

投稿者:三上 弥 | 投稿時間:17:48 | カテゴリ:三上 弥 |

横山 哲也

おめでとう横田高校!!

yokoyama7.jpgこんにちは。
最近、年齢不詳とよく言われる横山哲也(27歳)です。

10月20日(火)、「しまねっとNEWS610」に、島根県立横田高校ホッケー部の選手たちが来てくださいました。
横田高校のホッケー部は、ことしの国民体育大会「トキめき新潟国体」の少年ホッケー競技で、男子・女子ともに優勝しました。
男女の同時優勝は国体では初の快挙でした。

スタジオでは、男子チームのキャプテン、堀谷広大(ほりたに・こうだい)選手と、女子チームのキャプテン、牛尾朱里(うしお・あかり)選手にお話を伺いました。
男子・女子とも、思うように結果が出ない時期を乗り越えての栄冠でした。
練習方法を変えたり、ミーティングを繰り返したりと、国体優勝に向けて、両キャプテンがさまざまな工夫をしてチームを引っ張ってきたことがよくわかりました。
高校生活最後の大会を制して有終の美を飾った2人の表情は、とても晴れやかで輝いていました。

ひとつのことに懸命に打ち込む高校生にインタビューをして、わたし自身も元気をもらいました。
高校生ほど若くはありませんが、まだまだ27歳。
これからも日々の放送に全力投球していきます。

写真 左から、横山、堀谷広大選手、牛尾朱里選手
     インタビュー終了後、NHK松江放送局第1スタジオで

投稿者:横山 哲也 | 投稿時間:17:12 | カテゴリ:横山 哲也 |

三上 弥

やっぱり島根は〝ほっと〟でした! 永井伸一

nagai5.jpg10月26日(月)の「生活ほっとモーニング」の放送後、

永井アナからコメントが届きました。

 

☆   ☆   ☆

 

久々に島根・松江の空気を吸って、楽しいひとときを過ごすことができました。

こんな私に何が話せるのかなと思ってましたが、

迎えてくださった皆さんの温かさが、永井を後押ししてくれました。

本当にありがとうございます。

 

東京に戻り、再び「生活ほっとモーニング」の放送を担当してますが、

なんだか島根から戻ってきて、とても幸せな気分です。

そんな気分にさせてくれるのが島根なんだなあと、

本当に素晴らしいところに赴任していたなぁと、しみじみ実感しています。

 

これからも時折、ぶらりと島根で登場するかもしれません。

そんな折には、是非声をかけてやってください。

どうぞ、これからもよろしくお願いいたします。

皆さまもお身体には気をつけてくださいね。

 

永井伸一
 

☆   ☆   ☆

写真 講演会「島根が今でも〝ほっと〟です」
    2009年10月23日(土)午後1時45分

撮影 平野和恵 NHK松江放送局企画総務専任主管

 

投稿者:三上 弥 | 投稿時間:16:24 | カテゴリ:三上 弥 |

三上 弥

記念講演会「島根が今でも〝ほっと〟です」

nagai2.jpg今年は、NHK松江放送局がテレビ放送を始めてから50年です。
これを記念して、10月24日(土)、永井伸一アナウンサーの講演会が開かれました。
演題は、「島根が今でも〝ほっと〟です~生活ほっとモーニングキャスターとして~」。
永井アナと相談して決めました。

なぜ永井アナなのか。
現在「生活ほっとモーニング」のキャスターを務めている永井アナは、
平成9年夏から4年間、松江放送局に勤務していた経験があります。
島根県向けの夕方のニュースや番組を数多く担当していたことが、
今回来訪した背景にあります。

講演会の会場で、筆者は正面下手(しもて)で司会を務めていたので、
会場全体が見渡せました。
1時間半余りにわたる話の間、笑いが絶えませんでした。
演題通り「ほっと」なひとときになったと思います。

この講演会とは別に、永井アナは、松江放送局アナウンスの後輩たちのために、
研究会の講師を務めました。
タイトルは「今だから話せる松江放送局勤務時代~私は島根で何を学んだか~」。
島根県内で仕事をしたときの経験をもとに、後輩たちに数多くのヒントを与えました。

テレビ50年の公式行事を通じて接した池上彰さんも、永井アナも、若いときに、
ここ松江市灘町(なだまち)の宍道湖畔にある「NHK松江放送局」で仕事をしていました。
ま松江放送局で働いている後輩たちとは、
「一緒に前進しよう!」を合い言葉にして、前向きな姿勢で放送に臨んでいます。 


参考
生活ほっとモーニング  http://www.nhk.or.jp/hot/
NHK松江放送局テレビ放送開始50年 http://www.nhk.or.jp/matsue/matsue50y/ 

写真 ▼松江アナウンス研究会「今だから話せる松江放送局勤務時代」で
      熱弁をふるう永井伸一アナ
        ▼
ホワイトボードの「発進!」は、松江放送局勤務時代に担当していた
          番組タイトルの一部

撮影 三上 弥

 

投稿者:三上 弥 | 投稿時間:10:47 | カテゴリ:三上 弥 |

三上 弥

島根県安来(やすぎ)と鳥取県境港の位置関係

mikami14.jpgNHK連続テレビ小説「ゲゲゲの女房」。

主人公のモデル・布枝(ぬのえ)さんのふるさとは、島根県安来市(やすぎし)です。

夫の水木しげるさんは、鳥取県境港市(さかいみなとし)。

位置関係をおおざっぱに示した図を書きました。

安来と境港は近接しています。 

 

小学校や中学校のテストでは、

島根県と鳥取県の位置関係を問われることがあります。

この図をみれば大丈夫。

島根県は鳥取県の西。地図上は左側です。

 

ヒロインの故郷は「島根県」です。

安来市内には、すでに横断幕が掲げられています。

 

 

参考

「ゲゲゲの女房」最新情報

NHKドラマトピックス http://www.nhk.or.jp/dramatopics-blog/1000/

 

過去の記事

http://www.nhk.or.jp/matsue/caster/a-det0002.html

http://www.nhk.or.jp/matsue/caster/001/ana/mikami2.html

 

投稿者:三上 弥 | 投稿時間:12:54 | カテゴリ:三上 弥 |

三上 弥

ニュース企画「分かりやすい伝え方」

mikami13.jpg今年は、NHK松江放送局がテレビ放送を始めてから50年です。

この節目を記念して、10月11日(日)、

ジャーナリスト・池上彰さんの講演会が松江市で行われました。

池上さんは、NHK記者として最初の勤務地が松江です。

昭和48年から3年間、島根のニュースを取材しました。

 

講演会が終わった直後、

池上さんがこだわる「分かりやすい伝え方」について伺いました。

13日(火)の「しまねっとNEWS610」の企画として放送するためです。

初任地・島根に対する思いも含めて、丁寧に対応してくださいました。

 

この企画の編集を担当したのが、ルーキー・久保山明日香さんです。

「今回のインタビュー企画では、池上さんのお話がタイトル通り大変分かりやすく、

私も編集しながら勉強させていただきました。

昭和57年のくにびき国体や橋の映像などを通じて、

視聴者の皆さんに内容がより分かりやすく伝われば幸いです」

 

番組は、取材相手の方々、多くの同僚が関わって放送されています。

島根発の放送をどうぞお楽しみください。

 

 

写真 「しまねっとNEWS610(総合テレビ・島根県域)」

     2009年10月13日(火)の放送から

     左から 久保山・三上・池上さん

投稿者:三上 弥 | 投稿時間:18:29 | カテゴリ:三上 弥 |

岡 隆一

塵(ちり)も積もれば2万円!

oka2.jpg岡です。このブログ刷新後、初投稿です!

松江放送局に赴任して1年と2か月ほど。毎日の日課があります。

それは、財布の中の10円玉を、空いている机の棚に貯めることです。

10円玉って、毎日お釣りでもらうものなんですよね。で、コツコツ貯めました。

そしてついに、机の棚が満杯!。どうやら2万円分はあるようです。

いやー、塵も積もれば何とやら。この2万円は何に使いましょうか!

これをお札に替えるためには、郵便局なり銀行なりに持って行かないと……

コレはかなりの重労働。だったらもう少し貯めてみようかしら。

この10円玉のように、

アナウンスのスキルもコツコツ伸ばしていきたいきょうこの頃です。

投稿者:岡 隆一 | 投稿時間:17:30 | カテゴリ:岡 隆一 |

堀江 清市

年をとっても、若者には負けないぞ! 「景気低迷で注目!リフォーム住宅」制作記

horie01.jpg企画「景気低迷で注目!リフォーム住宅」を

10月7日(水)の「しまねっとNEWS610」で放送しました。

 

皆さんは、「住宅のリフォーム」が、いま注目されているのを知っていますか。

実は、私は知らなかったのです。

 

知り合いの工務店の人に電話をする用事があり、「景気どうですか」と聞くと、

「おかげさまで、仕事忙しいんですよ」と意外な答えが返ってきました。

「えっ!。新築が激減しているというニュースを読んだばかりなのに」と思って詳しく聞くと、「リフォームの仕事が多い」ということでした。

 

リフォームの技術が、進歩していることも知りました。

床板を剥(は)がさず、その上からフローリングを貼ったり、

断熱効果の高い二重になったガラス板だけを変えたりする工事など、

エコや省エネに役立つリフォーム工事が開発されています。

 

今回もいつものように、撮影から編集まで1人で行いました。

実はこれ、「年をとっても、若者には負けないぞ!」という私の「自己満足」でもあるのです。

投稿者:堀江 清市 | 投稿時間:18:51 | カテゴリ:堀江 清市 |

横山 哲也

ドーン!!  

こんにちは!

ホームページがブログ形式になって、初めて書きます。

「しまねっとNEWS610」の男性キャスターのうち、顔の濃い方の〝横山〟です。

 

私用で妻の実家のある鹿児島に行ってきました。

いろいろ予定が入っていて忙しかったのですが、10月3日(土)は時間ができたの

で、鹿児島のシンボル、桜島に行ってみました。

フェリーで桜島に渡り、レンタカーで島を1周しました。

立ち寄った展望台から、絶えず噴煙を上げている火口を間近で見て、火山の力強さを実感しました。

 

ドライブを満喫し、桜島から戻って食事をしていたときです。 

「ドーン!!」という大きな音とともに、空気がビリビリと振動するのを感じました。
何事かと思って店の外を見たら・・・

  yokoyama6.jpg

桜島の火口からものすごい量の噴煙が上がっていました。
つい2時間前までドライブしていた山が爆発したのです。
「おいおい、力強すぎだよ」とびっくりしてしまったのですが、鹿児島県出身の皆さんは慣れているようで、妻も「あー、ことしは桜島元気だからね」と落ち着いたものでした。

 

あとでわかったのですが、このときの爆発で上がった噴煙は上空3000メートルまで上がり、ある観測点で測った「爆発によって発生した空気の振動」は20~30年ぶりの大きさだったということです。
大きな被害が出なくて何よりでした。

島根ではなかなか味わえない体験をした週末でした。

今度は島根県内の秋の自然を楽しみたいと思っています。

 

 

写真 鹿児島市の錦江湾(きんこうわん)付近から見た爆発直後の桜島

     2009年10月 3日(土)午後4時50分ごろ

撮影 横山哲也 

投稿者:横山 哲也 | 投稿時間:15:56 | カテゴリ:横山 哲也 |

三上 弥

「ことばの蓄積」後輩と実行中

mikami12.jpg後輩諸君と言葉を大切にするよう努めています。 

ニュース原稿や番組の台本では、難しい漢字にふりがなが振られていることも多い一方、本番で初めて見る原稿を伝えることもあります。
こうしたときに備えて、普段から同僚、
特に初任地の井上裕貴アナと2局目の横山哲也アナとは、言葉の選び方やアクセントについてよく話をするようになりました。

小難しい議論や一方的な指導というよりは、放送に出てくる表現をもとに、お互いに日本語を日々再確認している感じです。

読み、アクセント、意味など、「これで正しいかな?」と一瞬でも思ったときには、
必ず調べた上で放送に臨むようにしています。

確認したことは記録に残して、何度も見直して声に出し、身につくように心がけています。

投稿者:三上 弥 | 投稿時間:10:18 | カテゴリ:三上 弥 |

ページの一番上へ▲