NHK松江放送局トップページ
利根川真也

~60年に一度の年越し~

アナウンサーの利根川です。
2014年の1月も中旬ではありますが・・・、
皆様、明けましておめでとうございます。
本年もどうぞよろしくお願いいたします。

皆様はどんな年越しでしたか?? 私は大晦日、紅白歌合戦の後に放送される
テレビの「ゆく年くる年」の放送に携わり、仕事をしながら年越ししました。

一年前の2012年の年越しはラジオの「ゆく年くる年」で
江津市から「石見神楽」について中継し、2年連続の仕事で年越しです。

中継場所は・・・、60年ぶりの遷宮で賑わう「出雲大社」です。


 ~60年に一度の年越し~

 出雲大社の境内にはNHKの中継車などがずらり・・・。

 ~60年に一度の年越し~


 中はこんな感じです・・・。

 ~60年に一度の年越し~


番組30分の中で最後、トリを飾ったのが出雲大社・・・、
う~ん、プレッシャーはかなりのものでした・・・。

出雲大社からの中継は2分間で、しかも声だけの出演。
声で出雲大社の空気感をどう伝えるのか、本当に難しかったです・・・。
暗くなり過ぎてもダメだし、厳かさの中にも、新年を迎えた喜びを表現・・・。
ただ、明るくなり過ぎてもダメです・・・。
どんなトーンで、どれくらいの声量で出すか、悩みに悩み抜いて本番に臨みました。

 ~60年に一度の年越し~

 ~60年に一度の年越し~ 

これまで担当した数々の仕事の中でも、
緊張した放送ベスト3にランクインする仕事となりましたが、
島根に赴任して来月で早3年。
その間、家族や友人が来たときの観光案内、さらに取材も含め、
出雲大社には30回くらい足を運んでいます。

去年の5月10日(金)の夜に行われた本殿遷座祭当日には
夜7時30分から遷宮について特集した生放送番組で
キャスターを担当しました。60年に一度の遷宮が行われるタイミングで
島根に勤務して番組の放送に携われることに大きな喜びを感じました。

それから7カ月・・・。一年の締めくくりも島根の中で
最も大好きな場所で迎えられて、新たな年の始まりも同時に迎えられたのは、
最高の年越しだったな~と思います。
これも出雲の神様の「ご縁」だと感じております。

今年も“ご縁”を大切に、良い仕事や出会いに恵まれるよう、
オオクニヌシ様、どうか私にお力をお与えくださいませ・・・。(-人-)

と祈願はするものの、自分で何かと切り開いていかないといけませんので、
仕事もプライベートもどちらも充実させるべく、
2014年も精一杯、全速力で頑張りま~す!!

投稿者:利根川真也 | 投稿時間:13:16

ページの一番上へ▲