NHK松江放送局トップページ
三上 弥

ちょうかんぼう

 

ちょうかんぼう島根県では、「NHKニュースおはよう島根」に続いて、
「ゲゲゲの女房」が放送されます。
……だけん」、「……がぁ」というお国ことばは、
こちらの日常会話で聞くアクセントにそっくりです。

「ゲゲゲの女房」の原案者・武良布枝(むら・ぬのえ)さんのふるさと
島根県安来市大塚町で開いた対話集会「ふれあいミーティング」でも、
「出演者の方々はこのあたりのことばをよく練習してくださっている」、
「違和感がない」という声がありました。

島根に勤務して初めて聞いたことばがあります。
「ちょうかんぼう」です。
取材先や職場で聞いたとき、何のことか分かりませんでした。
「朝刊簿?」、「長官?、官房?」、
「刑務所の監房?」とかいろいろ浮かんだのですが、
どうもしっくりきません。

漢字で書くと「腸感冒」が正解でした。
医師に伺ったところ、感染性胃腸炎やウイルス性の胃腸炎、
急性胃腸炎のことを「腸感冒」というそうです。
ざっくりと解釈すれば、「おなかのかぜ」といったところでしょうか。
的を射たお国ことばです。

そういえば、新潟に勤務したとき、
「浜茶屋(はまぢゃや)」ということばにも感心したことがあります。
新潟や北陸を中心にいまも使われている「浜茶屋」は、
海水浴場に並ぶ「海の家」のことです。
浜茶屋も、腸感冒と同じように、
本質をうまく言い表していることばです。



写真 宍道湖大橋(しんじこおおはし)
    2010年 6月 3日(木)
    橋の左側宍道湖 右側大橋川
撮影 三上 弥

投稿者:三上 弥 | 投稿時間:10:30

ページの一番上へ▲