衣装紹介 vol.06 小野塚真一

咲の夫小野塚真一

【テーマカラー】

藤鼠(ふじねずみ)

銀鼠(ぎんねずみ)

キャラクターデザイン NHK大阪 映像デザイン&扮装チーム

エリートビジネスマンの
正統派スーツスタイル

真一さんは大手証券会社勤務のエリートビジネスマン。衣装の基本はスーツです。肉厚のウール地、スリーピース、ハット。ダンディーな真一さんらしく、上質で正統派のスーツスタイルにしてあります。スーツのデザインは、当時のデザインを参考に仕立ててあります。いまのデザインと比べるとえり幅や、すそ幅が広めなのが特徴です。

NHK 伴内絵里子

戦前のビジネスマンはハットが必需品!!

大正から戦前は、外出時には帽子をかぶるのが当たり前の時代でした。学生は学生帽、商人は鳥打帽、勤め人は中折れ帽、軍人は制帽という具合に、社会的な立場に応じた帽子を着用していました。

正統派のスリーピース

本来スーツは、ジャケット、ベスト、スラックスという3点セットで仕立てるもの。戦前はスリーピースの着用が一般的で、まんぷくで登場するスーツもみなスリーピースです。

衣装担当:横山智和

紳士のオシャレ必須アイテム

ネクタイにはカラーピンで立体感をつけてあります。結び方は、プレーンノットで縦長に。時計は、当時は腕時計でなく懐中時計が一般的でした。ベストのポケットにいれてチェーンをチラ見せしてオシャレを楽しみました。

持ち道具担当:楠正由貴