2021年03月17日 (水)震災10年インタビュー⑥「福島とどう関わるか(笠井 千晶 映画監督)」(川崎 寛司)


 

東日本大震災と東京電力福島第一原子力発電所の事故から10年。『ほっとぐんま630』では、3月5日から毎日、最前線で向き合ってきた人たちの声をお伝えしてきました。

最終回の3月12日(金)は、映画監督の笠井 千晶さんです。

20210317_01.png

10年間、福島に通い、震災と原発事故に苦悩する現地の人たちに密着し、その喜怒哀楽の瞬間を描いた映画『Life 生きてゆく』で、「山本美香記念 国際ジャーナリスト賞」を受賞しました。笠井さんは、この映画の取材を通して、福島との関わり方が見えてきたということです。

20210317_02.png

 以下、笠井さんのインタビューの一部を記させていただきます。

20210317_03.png

震災直後から福島・東北を訪れ、映像を撮ってはいましたが、それがどういう形になって、誰に届くかが決まっていませんでした。伝えたい人は誰、伝えたいことは何、伝えるべき人はどこの誰、どうやったら伝わるのかを考えることから始めました。

20210317_04.png

私の役目は、語ってくれる人が何を伝えたいかを同じように理解し、汲みとって、伝える相手を探し、映像を通して伝えること。お子さんがいる方は、自分の子どもに重ねて見てくれたり、中高校生は、自分と同い年くらいだった子が津波で亡くなったとか、自分と重ね合わせて見てくれたりしている。

20210317_05.png

今までもそうだったように、これからも、「時間が経つことで、ひとりの人の思いや環境がどう変わり、どういう年月を送っていくか」を伝えていきたい。
取材というよりも、「その人たちが今、元気かな」という気持ちが基本にある。10年だからおしまいということはなく、生涯続いていくのかなと思っているんです。「よく知っている人が、これからも安心して暮らしている」というのを私も知っていたい、そんな思いです。

以上、笠井さんのインタビューでした。

 

20210317_06.png

一週間、お伝えしてきた6人の方のインタビューで、印象的だったことばをそれぞれ書き出してみました。

20210317_07.png

皆さんからいただいた教訓を群馬の人たちも、ぜひ知っていただけたらと思います。
6人の皆さん、貴重なお話を聞かせていただき、ありがとうございました。

 

投稿者:川崎寛司 | 投稿時間:15:00

ページの一番上へ