2021年03月16日 (火)震災10年インタビュー⑤「大切な人の命を守って(上野 敬幸さん)」(川崎 寛司)


 

東日本大震災と福島第一原発事故から10年。
3月5日から、『ほっとぐんま630』では、最前線で向き合ってきた人たちのインタビューを、毎日お伝えしました。
第5回の3月11日(木)は、津波で両親とわが子を失い、それでも前を向いて生きる上野 敬幸さんです。

20210316_21.png

この日は、スタジオに、ディレクターの八重樫 伊知郎デスクが出演してお伝えしました。八重樫デスクは、震災直後とその5年後の2度、福島放送局で勤務し、この10年間、上野さんの取材を続けてきました。

20210316_22.png

震災から10年たった今、上野さんが改めて伝えたいと強く訴えたことがあります。

以下、上野さんのインタビューの一部を記させていただきます。

20210316_23.png

人それぞれ、時間の経過をどう思うかは全然違いますが、俺はあっという間。
「もうたっちゃうんだな」という感覚。10年というと、震災の年に娘が生まれて、もう小学校3年生になるという、長い期間ですが、俺らにとっては、あっという間。ついこの間、震災が起きたような感覚。

今、伝えたいことは、震災が「教訓」にされていないということ。
震災が「教訓」にされているとずっと思っていたんですが、そうじゃないと気づかされたのが、2015年の関東・東北豪雨の鬼怒川の決壊なんです。

20210316_24.png

(濁流の中、家に取り残された人たちが)避難する選択肢を取らなかったことが許せなくて、映像を見た時に腹立たしくてしょうがなかった。

全く教訓にされていない-。

20210316_25.png

震災の教訓だけが残ればいい。それ以外、何を残す必要があるのか。
悲しい過去や悲しいことを残す必要はない。

それよりも、そうならないために、今ある命をどうやって守っていくか。みんなが同じ思いをしないためには、どうすべきかを、みんなが考えないといけない。

20210316_26.png

一番の理想は、子どもたちが、自分たちの判断で避難できるぐらい、学校などで教訓や危機管理を身につけること。でも、なかなか1年、2年でそうなるものではない。
だが、子どものことを守らなければいけないという当たり前のことをちゃんと考えれば、守れるはず。3月11日がそういうことを考えてもらうきっかけになればいいと思っている。

以上、上野さんのインタビューでした。

上野さん、貴重なお話を、ありがとうございました。

20210316_27.jpg

20210316_28.jpg
(写真右は、上野さんを10年間、記録・伝えてきた、映画監督の笠井 千晶さん。震災10年インタビュー⑥(最終回)で登場します)

上野さんについては、この10年を追った動画を八重樫デスクが制作しました。
NHK特設サイト『東日本大震災 あの日から10年~3.11ドキュメント~』の3月1日のページに掲載されています。ぜひご覧ください。

https://www3.nhk.or.jp/news/special/shinsai-portal/10/document/
(『それでも前を向いて ~福島 南相馬・新しい命と~』)

20210316_29.png

 

投稿者:川崎寛司 | 投稿時間:17:00

ページの一番上へ

検索

カレンダー

2021年06月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

アナウンサー・キャスター

  • 原口雅臣
  • 菅原成美
  • 増田一恵
  • 新村美里
  • 川崎寛司
  • 伊﨑都子
  • 石井由貴

前橋放送局

  • 局長 西村理
  • 前橋局スタッフ
  • 沼田支局 記者

バックナンバー

最新の日記


RSS