2020年11月27日

2020年11月27日 (金)桐生で大学生たちの挑戦(大森 華子)


 

こんにちは。大森華子です。

11月5日放送のぐんまびとでは、
学生団体Yieldの代表・伊藤裕喜さんを取材しました。
この団体では、学生が地域で活躍することで地域活性化を目指しています。

このブログでは、放送でお伝えできなかった、
団体が経営する【彩-iroha-】「スープ」についてご紹介します。
(私は全種類食べましたよ!どれもおいしかったです。)

20201126-3.jpg


このスープの店は、団体のメンバーのひとりに
将来、自分の飲食店を開きたいという学生がいました。
「いつかやりたいなんて言っても、
 今やらないことは10年経ってもやらない。
 ならば学生のうちに挑戦してみないか」
リーダーの伊藤さんの言葉にメンバーは実行を決意。
【彩-iroha-】でそれを実現しました。

20201126-1.jpg

将来、自分の飲食店を開きたいと話す中山息吹さんは、
メンバーからシェフの愛称で親しまれています。
開店前は、「寝ていてもメニューのことで目が覚める」と
苦戦しながらも楽しんでいる様子でした。

考えぬいた、こだわりのスープは、
地域の飲食店の方々に試食してもらい、さらなる改良をすすめています。
「地元の皆さんの協力や愛情に支えられている」
リーダーの伊藤さんは話されていました。

そして、メンバーたちのこだわりは、スープだけではありません。
ここを訪れた若い世代に、桐生の歴史に触れてほしいと、
織物の柄をイメージしたショップカードやお店のロゴデザインも織物をモチーフに。
また、お店がある「横山町」の歴史紹介もされています。

“すたれてしまった”地域だからそのままにするのではなく、
自分たちで、おもしろい価値を作り出したい、
やりたいことを1つ1つ実現させていく、大学生たちが桐生で活動しています。

今後メニューが追加されたり、学生イベントを開催したりと、
彼らは日々進化しています。

ぜひ一度、学生たちの雄姿、おいしいスープ、
桐生の街並み、歴史に触れてみたらいかがでしょうか。

 20201126-2.jpg

 

投稿者:大森華子 | 投稿時間:10:09 | カテゴリ:大森華子 | 固定リンク

ページの一番上へ