人気漫画「遊☆戯☆王」の作者 沖縄県内で死亡

少年向けの人気漫画「遊☆戯☆王」の作者、高橋和希さん、本名、一雅さんが沖縄県内で亡くなったことがわかりました。
60歳でした。

6日午前10時半ごろ、沖縄県名護市安和の沖合およそ300メートルで、マリンレジャーの関係者から「人がうつ伏せで漂流している」と海上保安庁に通報がありました。

現場に駆けつけた消防隊員が男性を救助しましたが、その後、死亡が確認されました。

名護海上保安署が7日、高橋さんと確認したということです。

高橋さんはスノーケリングの器具を装着していて、海上保安署によりますと、1人で沖縄を訪れていたということです。

また、捜査関係者によりますと、高橋さんは今回、2、3週間の日程でレンタカーを借りていて、返却期限を迎える前にレンタカー会社に対し「同じ場所にずっとレンタカーが止まっている」という情報が提供されたということです。

会社のスタッフが駆けつけたところ、高橋さんが見つかった現場からおよそ12キロ離れた恩納村のビーチに近い農道で車は見つかり、6日午後9時ごろ警察に相談したということです。

高橋さんは県内でマリンレジャーを楽しむため、長期間この会社のレンタカーを借りることがあったということです。

海上保安署などによりますと、高橋さんの体には目立った傷はないということで、海上保安署が亡くなるまでのいきさつを調べています。