台風4号 5日に最接近のおそれ 強風や土砂災害など警戒

台風4号は、5日の明け方から朝にかけて県内に最も接近し、上陸するおそれもあります。
気象台は、5日にかけて強風や土砂災害などに注意・警戒するよう呼びかけています。

気象庁の観測によりますと、台風4号は、4日午後3時には、東シナ海を1時間におよそ20キロの速さで北北東へ進んでいます。

台風は次第に進路を東よりに変えて、5日明け方から朝にかけて長崎県に最も接近し、上陸するおそれがあります。

県内では、4日夜遅くにかけて、風速15メートル以上の強風域に入る見込みです。

このため県内では、5日にかけて風が強まる見込みで、5日の最大風速は、南部と北部、五島の海上で18メートル、陸上と壱岐・対馬の海上で15メートルと予想されています。

また、最大瞬間風速も、県内全域で25メートルと予想され、海上では、うねりを伴ってしけが続く見込みです。

5日にかけて予想される1時間に降る雨の量は、いずれも多いところで、南部と北部、五島で30ミリ壱岐・対馬で20ミリ、5日午後6時までの24時間に降る雨の量は、いずれも多いところで、南部と北部、五島で100ミリ壱岐・対馬で50ミリと予想されています。

気象台は、強風や土砂災害、低い土地の浸水、河川の増水や氾濫、うねりを伴った高波に注意、警戒するとともに、落雷や竜巻などの激しい突風にも注意するよう呼びかけています。