料理

野崎洋光の簡単アレンジ! 缶詰レシピ
さんま缶、さけの中骨缶編

さんまの缶詰とさけの中骨缶を、ごはんに合うメインのおかずに。
栄養豊富な魚料理を手軽に食卓で味わおう!

公開日:2020年1月30日

保存性が高く、おいしい“缶詰”。
そのまま食べるのもいいのですが、ほんの少し手間をかけると、メイン料理に変身します。

日本料理界の巨匠・野崎洋光さんがおいしくて手軽にできる缶詰レシピを伝授。
さんまのかば焼き缶は、ごぼうと一緒に煮て、卵でとじて柳川風に。
さけの中骨缶では、うまみが詰まった缶汁も使った“さけと青菜と豆腐のみそクリーム煮”をご紹介。

缶詰を上手に使うと、面倒な魚料理もグンと楽につくれるのでおすすめです。

さんまのかば焼き柳川風

さんまの缶詰は、甘辛いかば焼き味なので、ごぼうの風味と相性抜群!
缶詰を使うことで、調理過程が少なくてすむので、パパッとすませたいランチにもおすすめ。

【材料】(2人分)

さんまのかば焼き(缶詰) 1缶(100g)
2コ
ごぼう 70g
ねぎ 1/2本(60g)
みつば 3本
 
〈A〉
缶汁 1缶分
90ml
しょうゆ 大さじ1強

【つくり方】

  1. 1ごぼうは水でサッと洗って水けをきり、縦に切り込みを数本入れ、包丁の刃先で薄くそいでささがきにする。みつばはザク切りにする。ねぎは1cm幅の斜め切りにする。卵は軽く溶きほぐす。さんまのかば焼きは缶汁を取り分け、一口大に切る。

メモ

ごぼうは、昔ほどアクが強くないので、皮をこそげ落としたり、水に長くさらすと風味やうまみが抜け出してしまうので、サッと洗うだけでOK。

  1. 2小さめの鍋にごぼう、ねぎ、さんまのかば焼きを入れ、〈A〉を加え、中火にかける。ひと煮立ちしてごぼうに火が通ったら、溶き卵の半量を回し入れる。
  1. 3ひと呼吸おいて、卵が固まってきたら残りの溶き卵を回し入れ、半熟状になったら火から下ろし、みつばをのせる。好みで粉ざんしょう(分量外)をふってもよい。

メモ

卵を2回に分けて流し入れると、程よく火の通った部分と半熟部分ができ、両方の味わいを楽しめる。

さけと豆腐と青菜のみそクリーム煮

牛乳にみそをプラスしてコクを出します。缶汁の風味を生かすため、味付けは控えめにするのがポイント。骨も柔らかく食べやすいので、カルシウムも摂れてうれしい。

【材料】(2人分)

さけの中骨(缶詰) 1缶(150g)
絹ごし豆腐 1/2丁(150g)
小松菜 2株
 
〈A〉
牛乳 100ml
50ml
みそ 大さじ1/2
 
こしょう 適量

【つくり方】

  1. 1豆腐は厚みを半分に切り、さらに長さを半分に切る。小松菜は根元を切り、長さを半分に切る。
  1. 2鍋に〈A〉を入れて混ぜ、みそを溶く。さけの中骨の缶汁を入れ、豆腐、小松菜を加えて中火にかける。
  1. 3小松菜がしんなりしてきたら、さけの中骨を入れる。煮立ったら弱めの中火にし、2~3分間煮てこしょうをふって火を止める。

教えてくれた人

野崎 洋光

  • 日本料理店総料理長

プロフィール

家庭料理には家庭料理に合った調理方法を、と手軽なだしのとり方や簡潔な下ごしらえ、レシピなどを提案し続けている。「きょうの料理」の講師として出演。著書多数。