料理

野崎洋光の簡単アレンジ! 缶詰レシピ
さば缶編

アレンジ次第で、さばの水煮缶とさばのみそ煮缶が主菜に。
さばのうまみと栄養をたっぷり味わおう!

公開日:2020年1月30日

健康志向の人々から注目され、一大ブームとなった“さば缶” 。
栄養豊富でお財布にもやさしいさば缶をメイン料理にできたらうれしいですよね。
そこで、日本料理界の巨匠・野崎洋光さんに、
さば缶を使った極上の家庭料理二品を教えてもらいました。
さばの水煮缶では、缶汁も使った“さばの水煮と野菜のひもかわ煮”を。
さばのみそ煮缶では、和風ホワイトソースで合わせた
“さばみそのれんこんグラタン”のつくり方をご紹介します。

さばの水煮と野菜のひもかわ煮

缶汁に染み出ているさばのうまみが味わえるシンプルな一品。煮汁と野菜の食感を生かすため、短時間でサッと煮るのがポイントです。

【材料】(2人分)

さばの水煮(缶詰) 1缶(200g)
大根 1/8本(120g)
にんじん 1/4本(40g)
ごぼう 80g
ねぎ 1/3本(40g)
 
〈A〉
300ml
うす口しょうゆ 大さじ1+1/3
みりん 小さじ2
昆布(5cm四方) 1枚
 
こしょう 少々

【つくり方】

  1. 1大根、にんじんは皮をむき、ごぼうはサッと洗ってそれぞれ8cm長さ、1cm幅ぐらいの薄切りにする。ねぎも8cm長さくらいに切ってから縦十字に切り、芯を除いて1枚ずつにほぐす。

メモ

・大根、にんじんは縦長に切る。
・ごぼうは、昔ほどアクが強くないので、皮をこそげ落としたり、水に長くさらすと風味やうまみが抜け出してしまうので、サッと洗うだけでよい。

  1. 2大根、にんじん、ごぼうを熱湯で1~2分間ゆでてざるに上げる。鍋に〈A〉とさばの水煮の缶汁を入れて中火にかけ、大根、にんじん、ごぼうを加える。
  1. 3さばの水煮を加え、全体が温まったらねぎを加える。ひと煮立ちさせ、ねぎがしんなりしたら火を止め、こしょうをふる。

さばみそのれんこんグラタン

さばのみそ煮のコクのある濃い味を生かした、和風グラタン。れんこんのすりおろしと豆乳を練って、ホワイトソース風のソースをつくります。

【材料】(2人分)

さばのみそ煮(缶詰) 1缶(200g)
れんこん 1節(130g)
ピーマン 1コ
ミニトマト 4コ
豆乳(無調整) 50ml
しょうが(みじん切り) 大さじ2
ねぎ(みじん切り) 大さじ2
うす口しょうゆ 小さじ2

【つくり方】

  1. 1れんこんは皮をむいてすりおろす。ピーマンは縦半分に切ってヘタと種を取り除き、長さを半分に切って縦に1cm幅に切る。ミニトマトはヘタを取って熱湯に入れ、皮がめくれてきたら水にとって皮をむく。
  1. 2れんこんと豆乳を鍋に入れ、泡立て器でよく混ぜ合わせて中火にかける。木べらなどで混ぜ、とろみがついてきたら全体がもったりとするまで練り混ぜる。仕上げにしょうが、ねぎ、うす口しょうゆを加えて混ぜ、火を止める。
  1. 3さばのみそ煮は缶汁をきって耐熱容器に入れ、1のミニトマト、ピーマンも加える。オーブントースターで野菜が温まるまで3分間ほど焼き、2をかけ、さらにこんがりと焼き色がつくまで焼く。

教えてくれた人

野崎 洋光

  • 日本料理店総料理長

プロフィール

家庭料理には家庭料理に合った調理方法を、と手軽なだしのとり方や簡潔な下ごしらえ、レシピなどを提案し続けている。「きょうの料理」の講師として出演し、その温かい人柄にファンも多い。著書多数。