園芸・グリーン

タマネギをプランターで育てよう
追肥~収穫

タマネギの肥料のやり方(追肥)を紹介。
水切れに注意して水やりを。球が太って葉が倒れたら収穫OKです。

公開日:2019年9月26日

タマネギのタネ球(種球)を植えてから1か月もすると、根が伸び始めてきます。
そのタイミングで追肥を始めましょう。

追肥のやり方から、収穫方法までを紹介。
タマネギは、球が太って、葉が倒れたら収穫しましょう。

2回の追肥で球をしっかり太らせよう

適期:植えつけの1か月後~

追肥

植えつけの1か月後、根が伸び始めるタイミングで1回目の追肥を行います。2回目の追肥は、葉が6枚になり、球が太り始めるころに行いましょう。
追肥のやり方は、水で規定の倍率に薄めた液体肥料を、水やりを兼ねてたっぷりと与えます。肥料が多すぎると球がブヨブヨに育ち、収穫後に傷みやすくなるため、肥料の与えすぎには注意が必要です。

水やり

植えつけ直後から芽が出るまでは、水やりは不要でしたが、芽が出たら、球を太らせるために水切れに注意して水やりをしましょう。鉢を手で傾けて軽くなっていたらたっぷり与えます。

球が太って葉が倒れたら収穫しよう

地上部の葉が倒れると、それ以上は球が太らなくなります。収穫せずに放置すると球がしぼんで小さくなるので、葉が倒れたものから順次、収穫しましょう。

家庭菜園ならではの楽しみ方

葉が青々としている頃に収穫すれば、球は小さいですが、葉も丸ごと食べられる“葉タマネギ”が楽しめます。
葉の部分は、長ネギのように甘くておいしいので、いろんな料理に活用できますよ。

教えてくれた人

深町 貴子

  • 園芸家

プロフィール

東京農業大学短期大学部卒業。NHK「趣味の園芸 やさいの時間」の講師としてテレビで活躍。野菜作りの魅力を伝えている。