料理

ベーグル好き必見!
簡単×時短でできるベーグルのつくり方

お手軽かつ短時間でできるベーグルレシピ。
ベーグルのアレンジレシピやモチモチ感を取り戻す方法も紹介。

公開日:2019年10月3日

ずっしり、むぎゅーっとした食感で食べ応え抜群のベーグル。
ツヤツヤでおいしいベーグルが自宅でつくれたらうれしいですよね!
手軽に、それも時短でできるベーグルのつくり方をご紹介。
好みのドライフルーツを入れて、アレンジもできます。

また、硬くなったベーグルをおいしく食べる方法も必見。
もっちり感を取り戻してから食べるのもおすすめです。

自宅で手軽にできる!ベーグルのつくり方

しっかりとした食べごたえが、ベーグルの魅力。生地に最強力粉を加え、水分もやや少なめにしてボリュームのあるもっちりとした生地に。リング上に形成するときは、つなぎ目をしっかりとじます。最強力粉は、パン・製菓材料店で入手できます。【所要時間 1時間20分】

【道具】

(1) ボウル(直径25cmくらい)
(2) まな板(ポリエチレン製のもの)
※木は生地がくっつくことがあるので、
ポリエチレン製がおすすめ
(3) はかり
(4) 計量カップ
(5) 計量スプーン
(6) 布巾2枚
(7) スプーン
(8) キッチンタイマー
(9) はけ
(10) めん棒
(11) カード

【材料】(4個分)

〈A〉
強力粉 150g
最強力粉 100g
砂糖 大さじ2
小さじ1/2
インスタントドライイースト 小さじ1/2
 
ぬるま湯(35℃前後) 140ml
強力粉 適量
砂糖 大さじ2

【つくり方】


<生地をこねる>

  1. 1すべり止めの布巾(ぬらしてきつく絞った布巾)の上にボウルをのせ、Aを入れてスプーンで混ぜ、ぬるま湯を注ぎ入れる。指を開いてボウルの側面に手を沿わせるようにして混ぜる。

メモ

・指をしっかり開いて混ぜると、生地がひとかたまりになりやすい。
・ボウルについた粉も取るようにしながら混ぜる。

  1. 2手に体重をかけて少しこね、粉っぽさがなくなってきたらOK。
  1. 3すべり止めの布巾の上にまな板をのせて、生地を移し、手に体重をかけてこねる。
    生地を向こう側にギューッと押し出し、生地を手前に引き戻して整える。これを約5分間繰り返す。
  1. 4生地がなめらかになってきたら両手で生地を少し引っ張り、表面を張らせるようにして丸める。

<分割し 休ませる>

  1. 5カードで生地を4等分にする。生地が乾燥しないよう、ぬらしてきつく絞った布巾をかぶせ、そのまま10分間おく。

メモ

形づくりの前に生地を寝かせて、ゆるめておく。

  1. 6天板にオーブン用シートを敷き、茶こしを2つ重ねて強力粉をふっておく。

メモ

・発酵させたあとの生地がくっつきにくくなる。
・(ゆでる前の)生地をすばやくとるため。

<成型する>

  1. 7生地をひっくり返し、とじ目部分を上にしてまな板にのせ、手で強めに3~4回押してガスを抜き、平たいだ円形にする。
  1. 8三つ折りにして、とじ目をつまんでしっかりとじる。
  1. 9転がして長さ25cmぐらいの棒状にする。
  1. 10片側の端を少しつぶす。
  1. 11つぶした部分で反対側の端を包むようにしてリング状にし、しっかりとじる。

メモ

しっかりとじておかないと、型崩れしてしまう。

  1. 12少し引っ張って真ん中を広げ、形を整える。

<休ませる>

  1. 13天板に生地をのせ、ぬらしてきつく絞った布巾をかぶせ、35分間おき、発酵させる。

<ゆでて 焼く>

  1. 14オーブンを200℃に温めておく。鍋に湯をたっぷり沸かし、砂糖を加える。沸騰しているところに生地を1つずつ入れ、上下をひっくり返して10秒くらいで網じゃくしで引き上げる。
  1. 15湯をきって天板にのせ、オーブンで15分間焼く。

ドライフルーツでベーグルをアレンジ!

生地を練り込むときに、オレンジピールやブルーベリーなど、好みのドライフルーツを加えると、さわやかな風味が楽しめます。
やり方は、ボウルに好みのドライフルーツを入れ、生地に押し付けながら、練り込みます。押しつけて、こねるを繰り返すと、手早く練り込むことができます。

かたいベーグルをもっとおいしく食べる方法

時間が経ってしまってかたくなったベーグルのモチモチ感を取り戻す方法をご存じですか。
実は、せいろでベーグルを温めると、モチモチに仕上がり、蒸気で表面もしっとりします。せいろがない場合のやり方もご紹介します。
常温保存したベーグルなら蒸気の上がったせいろで、5分~10分蒸しましょう。
冷凍保存なら、自然解凍してから、同様に蒸してください。

せいろがない場合

深めの鍋に布巾、水適量を入れて耐熱の小鉢などを伏せ、その上にベーグルを入れた皿を置きましょう。
ふたをして火にかけ。沸いた湯の蒸気で蒸します。

教えてくれた人

遊佐 晶子

  • パン教室主宰

プロフィール

家庭で誰でも気軽につくれるパンづくりに定評がある。材料を合わせるところから焼き上がりまで、短時間でできて、おいしいパンづくりを研究している。著書多数。

おいしく食べる方法を教えてくれた人

ひの ようこ

  • パン愛好家

プロフィール

1999年にパン好きの集まるサークルをスタート。日本だけでなく、世界中にパン旅に行くのが趣味。旅先で出会った食材とパンのおいしい組み合わせを探求中。SNSやトークショーを通じて、パンの魅力を発信。これまでに食べたパンは7万種類を超える。