料理

初心者でもOK!
手ごねでつくる簡単コッペパンのつくり方

専門店もできるほど人気のコッペパンを自宅で。
手軽にできる時短レシピを紹介。具材をアレンジして楽しもう。

公開日:2019年10月3日

挟む具材を変えるだけで、ガラリと変身するコッペパンをおウチでつくってみませんか。

パンづくりは、力いっぱいこねたり、発酵に時間がかかったり、
特別な道具が必要なんじゃないかと思っている方も多いはず。
気軽に短時間でつくれるパン教室を主宰している遊佐晶子さんに、
初心者でもつくりやすいコッペパンのつくり方を教えてもらいました。

ボウルの中である程度こねてまとめるので、こね板や広い作業台など、特別なものは必要なし。
発酵時間も短いので、手軽にできますよ!

ふんわりした食感にほんのりとした甘さがおいしいコッペパン。
食べ応えがあるので、毎日の食事パンとしても使えます。

自宅で手軽にできる!コッペパンのつくり方

通常、家庭でパンづくりを行う場合、2回発酵させます。そのため、焼き上がるまでには、およそ3~4時間かかるのが一般的。でも、遊佐さんのレシピは、発酵は1回しか行いません。これが時短のポイント。1時間ちょっとでコッペパンがつくれます。 【所要時間 1時間15分】

【道具】

(1) ボウル(直径25cmくらい)
(2) まな板(ポリエチレン製のもの)
※木は生地がくっつくことがあるので、
ポリエチレン製がおすすめ
(3) はかり
(4) 計量カップ
(5) 計量スプーン
(6) 布巾2枚
(7) スプーン
(8) キッチンタイマー
(9) はけ
(10) めん棒
(11) カード

【材料】(4個分)

〈A〉
強力粉 250g
砂糖 大さじ1
小さじ1
インスタントドライイースト 小さじ1+1/2
 
ぬるま湯(35℃前後) 160ml
バター(食塩不使用/室温においておく) 5g  ※食塩不使用のバターがなければ、有塩のバターでもよい
溶き卵 適量

【つくり方】


<生地をこねる>

  1. 1すべり止めの布巾(ぬらしてきつく絞った布巾)の上にボウルをのせ、〈A〉を入れてスプーンで混ぜ、ぬるま湯を注ぎ入れる。指を開いてボウルの側面に手を沿わせるようにして混ぜる。

メモ

・指をしっかり開いて混ぜると、生地がひとかたまりになりやすい。
・ボウルについた粉も取るようにしながら混ぜる。

  1. 2生地がまとまってきたらバターを加え、指でつぶしながら練り込む。
  1. 3手に体重をかけて少しこね、粉っぽさがなくなってきたらOK。
  1. 4すべり止めの布巾の上にまな板をのせて、生地を移し、手に体重をかけてこねる。
    生地を向こう側にギューッと押し出し、生地を手前に引き戻して整える。これを約5分間繰り返す。
  1. 5生地がなめらかになってきたら両手で生地を少し引っ張り、表面を張らせるようにして丸める。

<分割して丸め 休ませる>

  1. 6カードで生地を4等分にする。切った断面を内側に隠すようにし、生地の端をくっつけてとじ、つまんでなじませる。
  1. 7とじ目部分を下にしてまな板に置く。生地が乾燥しないよう、ぬらしてきつく絞った布巾をかぶせ、そのまま10分間おく。

メモ

形づくりの前に生地を寝かせて、ゆるめておく。

<成形する>

  1. 8生地をひっくり返し、とじ目部分を上にしてまな板にのせ、手で強めに3~4回押してガスを抜き、平らにする。
  1. 9めん棒でのばし、幅10cm、長さ20cmのだ円形にする。
  1. 10生地を1/3ほど折りたたみ、グルグルと巻く。
  1. 11巻き終わりを指でつまんでとめる。
  2. 両端は、少し折り曲げてとめ、形を整える。

メモ

生地を折り曲げてしっかりと端を止めることで、型崩れしない、美しいコッペパンになる。

<休ませる>

  1. 12天板にオーブン用シートを敷いて、とじ目を下にして生地をのせる。生地を乾燥させないように、ぬらしてきつく絞った布巾をかぶせて、35分間おき、発酵させる。

<焼く>

  1. 13オーブンを190℃に温めておく。生地の表面にはけで溶き卵を塗り、15分間焼く。

メモ

生地の表面に溶き卵を塗ると、ツヤが出る。

焼き上がったコッペパンに切り込みを入れ、好きな具材をはさんで食べるのがおすすめ。焼きそば&コロッケ。ポテトサラダ&野菜サラダなど、ひとつのパンで2つの具材が楽しめるのも、細長いコッペパンのいいところです。

教えてくれた人

遊佐 晶子

  • パン教室主宰

プロフィール

家庭で誰でも気軽につくれるパンづくりに定評がある。材料を合わせるところから焼き上がりまで、短時間でできて、おいしいパンづくりを研究している。著書多数。