料理

余ったドレッシングを使い切り!
ドレッシング活用料理レシピ

ドレッシングは塩分や油分、酸味、うまみなどを含む合わせ調味料。
活用法を知れば料理の幅が広がります!

公開日:2019年6月24日

ドレッシングを開封したものの使い切れず、
冷蔵庫で余らせてしまっていませんか。

実は、味がしっかりとついているドレッシングだからこそ、
その他の調味料いらずで、料理に簡単に活用できるんです。
和風ドレッシングでつくる「簡単から揚げ」、フレンチドレッシングでつくる「ポテトサラダ」、
ごまダレでつくる「ごまダレ丼」、イタリアンドレッシングでつくる
「鶏のドレッシング煮」を紹介します。

和風ドレッシングで「簡単から揚げ」

【材料(2人分)】

鶏もも肉 1枚
和風ドレッシング 大さじ3
かたくり粉 適量
揚げ油 適量

【つくり方】

  1. 1鶏もも肉はひと口大に切る。
  2. 2ポリ袋に1と和風ドレッシングを入れよくもみ、冷蔵庫で1時間ほど寝かせる。
  3. 32にかたくり粉をまぶし、170℃の油できつね色になるまで揚げる。

フレンチドレッシングで「ポテトサラダ」

【材料(2人分)】

じゃがいも(大) 1コ(約150g)
フレンチドレッシング 大さじ1
枝豆(さやから出したもの) 30g

【つくり方】

  1. 1じゃがいもは皮つきのまま水でよく洗い、濡らしたキッチンペーパーで巻いてからラップで包み、電子レンジ(600W)に3分間かけて皮をむく。

    メモ

    キッチンペーパーは電子レンジで使用できるものを使う

  2. 2ボウルに1を入れてつぶし、粗熱が取れたらフレンチドレッシングと枝豆を加えて混ぜ、器に盛る。

ごまダレで「刺身のごまダレ丼」

【材料(2人分)】

好みの刺身 100g
ごまダレ 大さじ2
ご飯(温かいもの) 茶碗(わん)2杯分
青じそ(せん切り) 適量

【つくり方】

  1. 1ボウルに刺身を入れ、ごまダレを加えてあえ、10分間ほど漬ける。
  2. 2器にご飯を入れ、1を乗せて青じそを飾る。

イタリアンドレッシングで「鶏のドレッシング煮」

【材料(つくりやすい分量)】

鶏もも肉 1枚(一口大に切る)
イタリアンドレッシング 大さじ3~4
サラダ油 適量

【つくり方】

  1. 1熱したフライパンにサラダ油を入れ、一口大に切った鶏もも肉を焼く。

    メモ

    鶏もも肉に下ごしらえはしない

  2. 2表面に焼き色がついたら、火を弱め、ドレッシングを大さじ3~4ほどかける。
  3. 3ふたをして弱火で5分間ほど煮込む。

    メモ

    ドレッシングには下味となる塩コショウなどが含まれています。肉質を柔らかくする酢も含まれているので、ジューシーに仕上がります。
    油も含まれているので、使うサラダ油は少量でOK。

教えてくれた人

島本 美由紀

  • 料理研究家

プロフィール

200回を超える海外旅行を経験。旅先で得たさまざまな感覚をいかし、手軽につくれるおいしい料理レシピを考案。 無駄のない食生活についてのアイデア本を出版するなど、食品ロス削減アドバイザーとしての活動も行っている。