ライフスタイル
料理

余った小袋調味料を徹底活用!
調味料の簡単アレンジレシピ

いつか使おうと置いていた焼きそばソースの粉やうなぎのたれ、わさびやしょうが。
使い道がありました!

公開日:2019年4月25日

捨てるに捨てられない小袋入りの調味料。どんどんたまってしまっていませんか?
小袋調味料もアイデア次第で簡単な料理に大変身。
焼きそばソースの粉、ギョーザやうなぎのたれ、
わさびやしょうがの活用法を紹介します。

焼きそばソースの粉で「焼きそば風味の煮卵」

【材料(つくりやすい分量)】

ゆで卵 4コ
焼きそばソースの粉 1袋

【つくり方】

  1. 1ゆで卵4コの殻をむき、ポリ袋に入れる。
  2. 21に焼きそばソースの粉を1袋入れ、まんべんなく混ぜ合わせて冷蔵庫で一晩おく。

メモ

ゆで卵から出る水分が焼きそばソースの粉と混ざり合い、一晩でおいしい煮卵ができます。

おろししょうがで「ジンジャーハニートースト」

【材料(1人分)】

食パン 1枚
バターまたはマーガリン 適量
小袋のおろししょうが 1袋
はちみつ 適量

【つくり方】

  1. 1食パンにバターやマーガリンを薄く塗る。
  2. 2小袋のおろししょうがをのせ、薄く広げ、トースターで焼き色がつくまで焼く。
  3. 32にはちみつをかける。

メモ

ほんのりと香るしょうがの風味と、バターやマーガリン、はちみつが相性ピッタリです。

うなぎのたれで「鶏そぼろご飯」

【材料(1人分)】

鶏ひき肉 100g
うなぎのたれ 大さじ1
ご飯(あたたかいもの) 適量
サラダ油 適量

【つくり方】

  1. 1油をひいたフライパンで鶏ひき肉を炒め、色が変わったらうなぎのたれを入れる。たれが全体にいきわたるようによく混ぜ合わせながら炒める。
  2. 2器にご飯を盛り、その上に1をのせる。

メモ

うなぎのたれはしょうゆ、みりん、砂糖、酒などが入っているので、照り焼き風味の味わい。いろいろな料理に活用できます。

ギョーザのタレで「きゅうりの中華漬け」

材料(つくりやすい分量:1~2人分)

きゅうり 1本
ギョーザのタレ 1袋
いりごま(白) 適量

【つくり方】

  1. 1きゅうりは板ずりし、すりこ木などでたたいてから割りほぐす。
  2. 2ポリ袋に1とギョーザのタレを加えて、冷蔵庫で一晩漬ける。
  3. 3器に盛り、いりごまを振る。

わさびで「わさびアイス」

【材料(1人分)】

バニラアイス 適量
小袋のわさび 1袋

【つくり方】

  1. 1バニラアイスを器に盛り、その上に小袋のわさびをトッピングする。

メモ

わさびの香りとツンとした感じが、バニラアイスとの相性抜群。アイスの甘みもひきたてます。

教えてくれた人

島本 美由紀

  • 料理研究家

プロフィール

200回を超える海外旅行を経験。旅先で得たさまざまな感覚をいかし、手軽につくれるおいしい料理レシピを考案。 無駄のない食生活についてのアイデア本を出版するなど、食品ロス削減アドバイザーとしての活動も行っている。