料理

お弁当をさらにおいしく!
冷めてもやわらかジューシーから揚げ

冷めてもフワッとやわらかいから揚げは、衣が決め手!
衣にパン粉を入れるだけで、から揚げが変わります。

公開日:2019年4月18日

お弁当に入っているとうれしい“から揚げ”。
揚げたてはおいしかったのに、冷めたら固くて、
油っぽさが気になってしまったってこと、ありませんか。
そんなときは、いつもの衣に“パン粉”を加えると、から揚げが断然おいしくなるんです。
揚げたては、カリッ!、冷めてもやわらかジューシーな、から揚げのつくり方をご紹介します。

衣にパン粉を入れるのがポイント!

から揚げの衣に、パン粉を加えるだけで、冷めてもフワっとジューシーなから揚げが味わえます。
揚げたてはカリっフワっとしていて、冷めても柔らかな食感が楽しめます。
さらに、パン粉がから揚げの中の水分をキープしてくれるので、ジューシーなから揚げに。

なぜ、パン粉がいいの?

パン粉には、たくさん穴が開いていて、網の目のような構造になっています。
この構造はとてもしっかりしていて、水分を吸っても、油で加熱しても変わりません。
さらに、時間が経っても変化はなし。
この構造が、長時間フワフワをキープしてくれる理由なんです。

冷めてもフワッとジューシーなから揚げのつくり方

【材料(つくりやすい分量)】

鶏もも肉 2枚
〈A〉
しょうゆ 大さじ2
ごま油 大さじ1
こしょう 少々
薄力粉 大さじ3
かたくり粉 大さじ3
パン粉 大さじ3
1コ
150ml
サラダ油 適量

【つくり方】

  1. 1鶏肉を食べやすい大きさに切る。ボウルに鶏肉とAを入れ、手でよくもみ込み、 そのまま10分以上おいて下味をつける。
  1. 2ボウルに水、卵を加え、よくかき混ぜ、かたくり粉と薄力粉を入れ、ダマにならないようによく溶く。
  1. 32にパン粉を加え、よく混ぜて、20分以上なじませる。
  1. 4パン粉がしっかり水分を吸って柔らかくなったら、鶏肉にからませる。
  1. 5フライパンに揚げ油を注ぎ、170℃に熱し、4の鶏肉を入れ、きつね色になるまで揚げる。

から揚げアレンジレシピ

ポリ袋にから揚げと、青のりや七味唐辛子など好みの調味料を入れ、袋を振ってでき上がり!
ピクニックには、サンドイッチ用のパンにレタスやトマトなどの野菜とから揚げを入れ、巻いて食べるのもおすすめ。オリジナルのラップサンドが楽しめるので、ランチ中の会話も弾みますよ。

教えてくれた人

長谷川 りえ

  • 料理研究家

プロフィール

ピクニック弁当の達人。普段食卓で出す料理をおいしいまま外に持ち出す技を日々研究している。