ライフスタイル

汁をこぼさずに
ゼリーのふたを開ける方法

市販のカップゼリーを開けるとき、
ゼリー液がこぼれたりはねたりしない、その方法とは。

公開日:2019年4月25日

市販のカップゼリーは、長期保存しても傷まないように、容器の中に液がなみなみと入っています。
慎重に開けても汁がこぼれたり、はねたりしてしまいがち。
でも!紹介する方法を使えば、汁をこぼさずふたを開けることができます。

ゼリー液をこぼさずにふたを開ける方法

ゼリー液をこぼさないために大事なのは、はがす向き。
ふたのはがし口を向こう側に向け、ふたを奥から手前に引いて開けます。
すると、ゼリー液がこぼれることなくふたを開けることができます。

なぜ、ゼリー液がこぼれない?

ゼリーのふたを開ける際に、手前から奥に向かって開ける人は多いのでは?
手前から奥に向かって開けた場合、ふたが垂直かそれに近い角度になります。すると、上向きに力がかかり、ゼリー容器が不安定になります。
また、最後に容器から完全にはがすとき、容器に衝撃が伝わり揺れてしまいます。
そのため、液がこぼれたりはねたりします。
一方、奥から手前に引いて開けると、ふたは自分の方に倒れ、力は横方向にかかります。不安定になりやすい上向きの力はほとんどかかりません。また、最後にはがすときも、他の指よりも安定感のある親指がしっかりと支えるので、はがすときの衝撃を抑えます。そのため、液をこぼさずに開けることができるのです。

教えてくれた人

甲谷 保和

  • サイエンス・コミュニケーター

プロフィール

横浜にある体験型科学館、はまぎん こども宇宙科学館のサイエンス・コミュニケーター。