ライフスタイル
料理

ゆで卵の殻を簡単にきれいにむく
3つの方法

卵の鮮度に関係なく、どんな卵でもきれいにむける方法を3つ紹介します。

公開日:2019年4月25日

鮮度のよい卵でゆで卵をつくると、殻と白身がくっつきやすく、むけにくくなりがち。
でも紹介する3つの方法は、卵の鮮度に関係なく殻がきれいにむけます。

ゆで卵をきれいにむく方法1 穴あけ

  1. 1ゆでる前に、卵の「お尻の部分」に画びょうなどで穴をあけてから、普通にゆでる。
  2. 2ゆで上がったらすぐに冷水にとって冷まし、殻をむく。

ゆで卵をきれいにむく方法2 ゴロゴロ

  1. 1普通にゆでた卵を冷水にとり、冷ます。
  2. 21を軽く押し付けながら転がし、全体にヒビを入れる。
  3. 3殻をむく。

ゆで卵をきれいにむく方法3 シェイク

  1. 1普通にゆでた卵を冷水にとり、冷ます。
  2. 21をコップなどに入れ、卵が半分浸かるくらいの水を入れて10秒間ほどシェイクする。
  3. 3殻をむく。

メモ

半熟のゆで卵の場合、「ゴロゴロ」と「シェイク」ではゆで卵自体が割れてしまうので注意。半熟の場合は「穴あけ」で。

3つの方法のうちどれが一番速くむける?

実験をしてみたところ、どの方法でもあまり変わりませんでした。得意不得意もあるので、自分に合った方法を見つけましょう。

  • 「あさイチ」(2018.6.5放送)によるインターネットでのリサーチおよび実験より