ライフスタイル
住まい・インテリア
ファッション・雑貨

ニットに開いた穴の直し方

ニットの穴は、小さいものなら自分で簡単に補修できます!
穴のふさぎ方とキレイに仕上げるコツをご紹介。

公開日:2019年4月11日

引っ掛けてしまったり、衣替えしたときに虫食いがあったりと、
お気に入りのニットに穴が開くことって、ありませんか。
そんな困ったニットは、しっかり直して、コーディネートのローテーションに戻してあげましょう。

直し方は意外と簡単!
穴をふさぐだけでなく、キレイに仕上げるためにスチームアイロンを使うのがポイントです。

ニットの穴の直し方

穴を修復するときには、伸び縮みするニット専用糸を使用しましょう。

メモ

・ニットと似た色を使うのがオススメ。ここでは分かりやすくするため、目立つ色の糸を使用しています。

・普通の針だと、編んである毛を傷めてしまう可能性があるため、先が丸くなっている刺しゅう用の針を使うのがおすすめ。

  1. 1ニットを裏返して、穴から5mmほど離れたところを丸く2周、並縫いする。

メモ

糸の結び目は作らず、端を残しておく。

  1. 2ほつれている部分を裏面に押し込み、糸を絞る。
  1. 3糸の端同士を3回結び、糸を切る。
  1. 4キレイに仕上げるため、縫った部分を押し潰すようにスチームアイロンをかける。

メモ

アイロンをかけるときは、洗濯表示に従う。

  1. 5ニットを表に戻し、縫った部分にアイロンを少し浮かして、スチームだけを当てる。
  1. 6縫った部分を手でキュキュッと押す。
穴の周りを2周並縫いして、スチームアイロンをかけるだけで、こんなにキレイに補修ができました。

教えてくれた人

植木 睦子

  • ニット修理専門店 代表取締役

プロフィール

ニットを直す達人。