料理

食パンが大変身!
きじまりゅうたの食パンアレンジレシピ

ちょっとの工夫や発想の転換で、食パンがグラタンや漬け物など、
驚きの料理に大変身します。

公開日:2019年2月25日

アイデアレシピで定評のある料理研究家きじまりゅうたさん。
食パンで、アッと驚くアレンジレシピを教えてくれました。
食べやすく、持ち運びもしやすい「ボートトースト」。
「鶏肉の和風揚げトースト」は酒のつまみにもぴったり。
「パンがゆグラタン」は、メインディッシュにもなる一品です。
そして何より驚くのはパンでつくる漬け物「パン床漬け」。
パン床は簡単につくれ、その日から使うことができます。
これでパンが使いきれずに困ることもありません!

ボートトースト(お好み焼き味風ボートトースト)

トーストのカリッとした食感とソースの香ばしさが絶妙にマッチ。
崩れにくいのでガブッと食べられるボートトーストです。

【材料(3コ分)】

食パン(4枚切り) 1枚
ハム(スライス) 2枚
キャベツ 100g
削り節(かつお節) 4g
 
〈A〉
マヨネーズ 適量
中濃ソース 適量
青のり粉 適量


【つくり方】

  1. 1食パンを3等分に切り、それぞれに切り目を入れてポケットをつくる。
  2. 2アルミ箔(はく)を直径3~4cm程度のボール状に丸める。
  3. 3食パンの切れ目に2を詰めて、ポケットを広げる。オーブントースターに立てて並べ、薄い焼き色がつくまで4~5分間焼く。

    メモ

    ポケットの中にアルミ箔を入れて焼くことで、ポケットが広がったまま形が固定され、中はフワフワ、外はカリっと仕上がります。

  4. 4キャベツは5mm幅の細切りにして、電子レンジ(500W)に90秒間かける。取り出して、粗熱が取れたら水けを絞る。ハムは5mm幅の細切りにして、キャベツ、削り節と混ぜる。
  5. 53の食パンからアルミ箔を取り出し、4をいれ、〈A〉をかける。

鶏肉の和風揚げトースト

パンを揚げ焼きにすることで、サクッとジューシーな揚げトーストに。
香ばしい香りが食欲をそそります。

【材料(2人分)】

食パン(8枚切り) 2枚
鶏ひき肉(むね) 100g
青じそ 2枚
小さじ1/4
黒ごま 大さじ1
削り節(かつお節) 1/2パック(2g)
サラダ油 適量
 
〈A〉
マヨネーズ 大さじ1
かたくり粉 大さじ1
しょうゆ 大さじ1/2
しょうが(すりおろす) 小さじ1/2
 
〈B〉
レモン(くし形に切る) 適宜
しょうゆ 適宜


【つくり方】

  1. 1食パンの耳を切り落として4等分に切り、軽く手で押してつぶす。青じそは縦半分に切り、5mm幅の細切りにする。
  2. 2ひき肉に塩を加えて練り混ぜる。〈A〉を加えてさらに練り混ぜ、青じそを混ぜる。
  3. 3食パンの片面に2を塗りつけ、右半分にごまを振り、左半分に削り節を振る。
  4. 4フライパンに1cm深さまでサラダ油を入れて中火で熱し、3のタネを塗った面を下にして並べる。2~3分間して揚げ色がついたら裏返し、きつね色になるまで2分間ほど揚げて取り出す。
  5. 54の油を切り、器に盛り付けて〈B〉を添える。

パンがゆグラタン

食パンをメインディッシュに! 大人から子どもまでおいしく食べられるフワトロ食感の絶品グラタンです。

【材料(2人分)】

食パン(8枚切り) 2~3枚
鶏もも肉(唐揚げ用) 200g
たまねぎ 1/2コ
生クリーム 大さじ3
オリーブ油 大さじ1/2
 
〈A〉
少々
こしょう 少々
小麦粉 大さじ1
 
〈B〉
トマトジュース(食塩不使用) 200ml
100ml
顆粒(かりゅう)チキンスープの素(もと)(洋風) 小さじ2
少々
 
〈C〉
ピザ用チーズ 大さじ2
黒こしょう(粗びき) 少々


【つくり方】

  1. 1食パンをオーブントースターで薄い焼き色がつくまで2~3分間焼く。
  2. 2鶏肉に〈A〉を順にまぶしつける。たまねぎは繊維と平行に7~8mm幅に切る。
  3. 3フライパンにオリーブ油をいれて鶏肉を並べ火にかける。4〜5分間して焼き色がついたら裏返し、たまねぎをいれて1分間ほど炒める。
  4. 4〈B〉を加えてふたをし、弱めの中火で5分間ほど煮る。
  5. 5生クリームを加え、1のパンを3~4cm角にちぎりながら加える。
  6. 6耐熱皿に5を入れて〈C〉を散らし、オーブントースターで7~8分間、焼き色がつくまで焼く。

パン床漬け

強い塩分のパン床の力で、野菜の水分を抜き、おいしい漬物をつくります。

【材料(2~3人分)】

食パン 1斤(400g)
300ml
ビール 200ml
大さじ4
きゅうり にんじん プロセスチーズ 各適量

【つくり方】

  1. 1食パンは2cm角程度にちぎって保存容器に入れる。
  2. 21にビール、水、塩を入れて、ペースト状になるまで混ぜ合わせる。
  3. 3きゅうり、にんじん、プロセスチーズを食べやすい大きさに切り、2に入れて冷蔵庫の野菜室で漬ける。
  4. 41~2日漬けたくらいが食べごろ。パン床から取り出し、サっと洗うか、パンを拭い取り、食べやすい大きさに切る。

メモ

パン床は10日以内に使い切る。

教えてくれた人

きじまりゅうた

  • 料理研究家

プロフィール

祖母・村上昭子、母・杵島直美から多彩な家庭料理を学び、アパレルメーカー勤務の後、料理の道に。同世代のリアルな目線でつくるアイデアメニューが雑誌や料理サイトで人気。