園芸・グリーン

早春を彩る植物
スノードロップ

待雪草(マツユキソウ)の別名も持つ、春を告げる花の代表格。
はかなく可憐(かれん)な花が魅力。

公開日:2019年2月8日

スノードロップは、小さな白いベル型の花が、つり下がるようにして現れかわいらしい。
風に揺れるようなたたずまい。
冬枯れに貧しい鮮やかな緑と白の清らかな印象が可憐さを際立たせます。

スノードロップ

2~3月に花を咲かせるスノードロップ。 落葉樹の林の中に群生している植物で、 雪の下から顔を出し、1週間から10日という短い間だけ花を咲かせます。
秋植えの球根植物ですが、 1~2月は ポット苗が入手できます。開花株の場合はすぐに植え替えて、来年に向けて液体肥料を施します。

栽培環境

落葉樹林の下で咲く花なので、冬から早春にかけて戸外の日当たりのよい場所を好み、夏は水はけのよい半日陰を好みます。

水やり

鉢土の表面が乾いたら、たっぷりと与えます。夏は必要ありません。

肥料

球根から育てる場合、芽が出たら、花後1〜2か月まで液体肥料を施し、葉が黄ばみ始めたらやめます。

花後の管理

葉が枯れるまでは日光に当てて水やりし、来年のための栄養を球根に蓄えさせます。葉が枯れたら水やりはやめて、鉢植えの場合は、雨に当たらない場所で秋まで置きましょう。

鉢植えで雪解けの風景を作りましょう

秋に作業を行います。化粧砂を雪に見立てて鉢全体に敷き詰め、雪景色の林の中にスノードロップが群生する風景を作ります。広がりを表現するため、奥にコロギアを植えます。スノードロップが芽吹くまでは、これだけでもオブジェのように楽しめます。
冬は週に1回、開花したら4日に1回を目安に水をやります。水やりは、培養土と化粧砂が混ざらないようにやさしく行いましょう。

植え付け方

  1. 1培養土をかぶせたときに球根の頭が隠れる程度の深さに、球根1個分くらいの間を空けて植え付けます。
  1. 2球根が隠れるまで培養土を入れ、表面に化粧砂を敷き詰めます。

教えてくれた人

村上 敏

プロフィール

園芸研究家。千葉県にある園芸会社でバラや草花、草木の栽培、植栽管理を手がけている。特にバラに関して造詣が深く、幅広い経験と知識を持つ。