料理

簡単! おいしい! 本格漬物
~白菜の簡単ぬか漬け

ぬか床いらずで、混ぜる手間なし!
ぬか漬け初心者でも安心の簡単ぬか漬けのつくり方を漬物名人が伝授。

公開日:2019年2月1日

おいしいぬか漬けを自分でつくって、食卓に並べたい。
でも、ぬか床を毎日混ぜ返すのは面倒…という方にぴったりの“簡単ぬか漬け”のつくり方をご紹介。
“ぬか”を入れた袋を、塩漬けした野菜の上に一晩おくだけで、ぬか漬けのできあがり!
白菜だけでなく、キャベツやセロリなどでつくるのもおすすめです。
ぬか袋は、くり返し使えるので、色んな野菜で試してみるのも楽しいですよ。

白菜の簡単ぬか漬け

ぬか床に漬けるのではなく、野菜の上にぬか袋をのせて風味を移します。
少量のぬかですぐにつくれるので、気楽に挑戦できます。

ぬか袋のつくり方

清潔なさらしを長さ50~60cmに切り、折りたたんで端を縫って袋状にします。
袋部分は20~25cmくらいに。ぬかがこぼれないよう折り返し部分をつくるとよいでしょう。

メモ

さらしがなければ、手ぬぐいやガーゼでもOK。ガーゼの場合は、2重にすること。

【材料】(つくりやすい分量)

白菜 1/2コ(700g~1kg)
生ぬか 100g
塩(粗塩) 適量
※白菜の重量に対して約2%の塩

【つくり方】

  1. 1白菜は食べやすい大きさに切ってボウルに入れ、塩をふり、押し込むようにもみ込む。

メモ

塩は白菜の重量に対して約2%が目安。
白菜700gなら塩は14g程度。白菜によって重さは違うので計量するとよい。

  1. 2清潔な保存容器に、出てきた水分ごと白菜を入れる。皿の上におもしをのせ、ふたをして半日間以上常温におく。
半日置いた状態。
塩漬けをしておいた白菜から水が上がっているか(ひたひたに浸かった状態)を確認し、水が上がっていなかったら少しおいて様子をみる。(写真は水が上がった状態)
  1. 3ぬか袋を水でぬらしてかたく絞り、ボウルにぬか袋の口を広げて、ぬかを入れる。
  1. 4ぬか袋を白菜の上に広げるように敷き詰め、平らにならす。
  1. 5皿の上におもしをのせ、ふたをして、半日間おいたら完成。

メモ

・常温で保存する。暑い時期は冷蔵庫に入れてもよい。
・1週間ほど保存可能。暑い時期は3日間以内に食べきって。

ぬか袋はくり返し使えます

漬けているうちに野菜から上がってきた水分を吸って少しずつこなれ、おいしいぬか床になっていきます。ぬか袋は、管理をすればくり返し使えます。
ぬか袋が水っぽくなってきたら、風味も落ちてしまうので適宜ぬかを足しましょう。
ただし、ぬかを足し続けて、ぬかの量が増えすぎても扱いにくいので、ある程度使ったらぬかを処分して、新たにつくりましょう。

白菜の簡単ぬか漬け アレンジレシピ
即席キムチ

ぬか漬けのうまみと酸味があるので、塩辛やごま油などの調味料とあえるだけでキムチらしい味わいに。

【材料】(2人分)

白菜の簡単ぬか漬け 270g
 
<A>
いかの塩辛(みじん切り) 大さじ1
ねぎ(みじん切り) 大さじ1
にんにく(すりおろし) 小さじ1
ごま油 小さじ1
うす口しょうゆ 小さじ1
韓国産粉とうがらし(中びき) 小さじ1

【つくり方】

ボウルに白菜の簡単ぬか漬けを入れ、<A>加えてあえる。

メモ

・そのままでもおいしく食べられるが、半日間~1日間おいて味がなじんでくると、さらにおいしくなる。
・冷蔵庫で7日間保存可能。

教えてくれた人

横山タカ子

  • 料理研究家

プロフィール

地元・長野の郷土食をベースに、オリジナリティに富んだ家庭料理や保存食を考案。さまざまなメディアや講演会で、信州の食文化を広める活動にも力を注いでいる。