園芸・グリーン

縁起物の植物
センリョウ・マンリョウ

その名もめでたいセンリョウ(千両)、マンリョウ(万両)は、
古くから商売繁盛を願う縁起物です。

公開日:2019年1月18日

育てやすく、真っ赤な実と鮮やかなグリーンの葉を持つセンリョウ、マンリョウ。
江戸時代には縁起物として、高値で取り引きも行われていたようです。
センリョウ、マンリョウのほかにも一両、十両、百両の別名を持つ植物もあり、
寄せ植えでも楽しめます。

センリョウ(千両)、マンリョウ(万両)

センリョウ、マンリョウは、真っ赤な実と鮮やかな緑色の葉が特徴。昔から運気に満ちあふれた迎春の植物として親しまれています。
とても育てやすい植物です。

センリョウ

切り花としても人気です。
葉が1か所から2枚ずつ出て、実は葉より上につきます。

マンリョウ

葉が1か所から1枚ずつ出て、実は葉より下につきます。

栽培環境

日なたから明るい日陰で、あまり風の当たらない場所が適しています。
鉢植えでも戸外で管理しましょう。
夏は葉が焼けるので、直射日光は避けてください。

一両、十両、百両も

いつからかはわかりませんが、遊び心でつけられた別名で、一両、十両、百両もあるんです。一両がアリドオシ、十両がヤブコウジ、百両がカラタチバナです。
江戸時代には、これらの植物が実際に超高値で取り引きされたものもあったようです。
(写真左)一両:アリドオシ (写真中)十両:ヤブコウジ (写真右)百両:カラタチバナ  ※一両をツルコウジとすることもあります。
(写真左)一両:アリドオシ
(写真中)十両:ヤブコウジ
(写真右)百両:カラタチバナ

※一両をツルコウジとすることもあります。

寄せ植えで楽しむ

植物版「年末宝くじ」。
万両、千両、百両、十両、一両を一鉢に寄せ植えしたものです。

江戸の言葉遊びにも

江戸時代には「千両、万両、有り通し」という、はやし言葉がありました。
センリョウ、マンリョウだけでなく、イチリョウの別名を持つアリドオシも加えて「有り通し(=有り続けて困らない)」という言葉にかけたのです。
これで、商売繁盛につながる正月の縁起物として人気になりました。そこから、一両、十両、百両という名前もつけられたと考えられます。

監修

小笠原誓

  • 園芸研究家

プロフィール

名古屋市内で園芸店を経営。 植物全般の知識はもとより、江戸時代の園芸に造詣が深く、父・小笠原左衛門尉亮軒氏とともに、資料収集・研究も行っている。