住まい・インテリア
ライフスタイル

時短にも! 家事が楽になる収納術
玄関編

玄関は家の中と外を隔てる関所。
不要なものは室内に持ち込まないのがポイントです。
靴の収納方法もご紹介。

公開日:2019年1月25日

チラシやダイレクトメール、宅配便の段ボールなど、
あとで捨てるものを家の中に持ち込むと、散らかる原因になります。
玄関はゴミ処分の第一関門。
いずれ捨てるものは、玄関で仕分け、必要なものだけを室内に。
時間のロスを減らす収納のコツや、玄関をすっきりきれいに保つ工夫も紹介します。

不要なものを室内に持ち込まない

玄関にゴミ箱を置く

ポストに入っているチラシやダイレクトメールなど、何気なくリビングにまで持ち込んでいませんか。玄関にゴミ箱があれば、いらないものは玄関で捨てることができます。
郵便物も玄関で開封し、必要な中身だけを取り出して、残りはゴミ箱に処分しましょう。その日に来た分だけなら、それほど時間をかけずに仕分けができます。

資源ごみも玄関付近で管理

宅配便などで届いた荷物も玄関で開けて、梱包の段ボールやビニールなどは玄関で処分。資源ごみも、まとめ置きできる場所を玄関付近に作っておくと便利です。
  • ゴミの分別・捨て方は、各自治体の決まりに従ってください。

玄関に必要なものはあらかじめセット

宅配便などの受け取りに必要な印鑑、荷物を開けるときに必要なカッターやハサミ、また傘、季節の外出グッズ(マスク、日焼け止め、防虫スプレーなど)は、定位置を作って玄関に置いておきましょう。
そうすれば、慌てて探したり、家の中を何度も行ったり来たりしないで済みます。

メモ

鉄製のドアなら、印鑑に磁石をテープなどで巻きとめておけば、ドアにくっつけられて便利。

靴の定位置を作る

靴は人別にエリアを決める

靴は父、母、息子などと、人ごとに棚などの収納エリアを決めておけば、迷わずスムーズな出し入れができます。

メモ

ブーツなどの季節ものは上段に、よく履くものは中段から下段に収納すると便利。

足跡マークで靴をそろえたくなる工夫を

靴を脱ぎ散らかして、乱雑な玄関にならないように、足跡のマークを玄関に貼り、そこに必ず靴は置くという癖をつけましょう。マークがあれば、子どもも楽しく靴をそろえられます。

メモ

足跡のイラストなどをクリアファイルに入れて、それを床面に固定してもGOOD。

監修

Emi

  • 整理収納アドバイザー

プロフィール

2500人以上の人にお片づけレッスンを行ってきた整理収納のプロ。家族を巻き込み、気持ちがラクになる片づけが得意。暮らしを楽しくラクにするオリジナル商品の開発、整理収納などのレッスンスタジオ運営、テレビ・雑誌出演、ブログなど幅広く活躍中。