料理

くず野菜をフル活用!
野菜のだしがきいた 洋風スープのつくり方

自宅で簡単にできる“くず野菜”の活用法。
くず野菜からとっただしは、スープやカレー、ポトフなどに使えます。

公開日:2018年12月21日

たまねぎの皮やキャベツの芯、なすのヘタにかぼちゃの種など…
調理の際にどうしても出てしまう “くず野菜”
そのまま三角コーナーにポイっと捨ててしまってはいませんか。
くず野菜には、うまみや栄養がたっぷりと残っており、捨ててしまうのがもったいないほどなんです。
そんなくず野菜を天日に干して乾燥させ、水から煮出せば深い味わいのだしが。
しっかりしただしがとれれば、調味料はあまり使わなくてもよくなり、減塩にもつながります。
使う野菜でだしの味は様変わりするので、いろいろな野菜のくずを使って試してみましょう。
くず野菜からとっただしは、カレーやポトフ、みそ汁などにもどうぞ。

くず野菜を干すときは

くず野菜は軽いので、干すときにざるをかぶぜておくと、風に飛ばされないのでおすすめです。

くず野菜の洋風スープ

使う野菜くずはお好みでかまいません。いろいろな野菜を合わせると、味に深みが。全体の味を調えるためにローリエを入れて。

【材料】(つくりやすい分量)

干しくず野菜 (40~50g)
カップ4
ローリエ 1枚
ソーセージ 100g(5本)
少々
パセリ(みじん切り) 少々
こしょう 少々

【つくり方】

  1. 1干しくず野菜はサッと洗っておく。鍋に水、干しくず野菜、ローリエを入れ、沸騰後弱火にして約20分間煮る。アクが出たら取り、ざるなどでこす。

メモ

強火で煮るとエグミが出るので弱火で煮る

  1. 2ソーセージを1/2切り、1に加え、5分間程度弱火で煮て、味をみて塩を入れる。パセリのみじん切り、こしょうを振って仕上げる。

メモ

ラーユとも合う

味が物足りないときは

使う野菜でスープの味は変わってきます。味が物足りない場合は、だし用昆布(5cmほど)を入れて煮るとよいでしょう。

教えてくれた人

濱田 美里

  • 料理研究家

プロフィール

国際中医師、国際中医師薬膳の資格を持つ。最新の調理器具から伝統的な調理器具まで、あらゆる器具を使いこなし、家庭で再現しやすいレシピに定評がある。さまざまな料理本を数多く手がけ、雑誌、テレビ、講演、商品開発など、多方面で活躍中。関西と東京で料理教室を開催し、「一緒に料理して一緒に食べる」ことを大切にしている。