園芸・グリーン

冬に楽しむ植物
華やかさと可憐さで冬を彩るシクラメン

赤と白の花で鮮やかに冬を彩るシクラメン。
寒い季節に長く花が楽しめます。

公開日:2018年12月14日

白いシクラメンは、細いシルエットを持つ植物と合わせるとエレガントに。
赤い花は、持ち手つきのコンテナにシルバーリーフと寄せ鉢にすると
クリスマスにぴったりです。

低温期でも花が長く楽しめる ガーデンシクラメン

栽培環境

低温期でも長く咲き続けられるのが特徴。小型のシクラメンで、原種に近い性質を持っています。
日当たりのよい窓辺か、北風が直接当たらない場所に置きます。

水やり

土の表面が乾いたらたっぷりと与えます。株元に水がたまったり、蒸れたりすると蕾(つぼみ)が腐るので、葉をめくって鉢土に水をかけるようにします。

肥料

春までは液体肥料を施します。葉数が減ってきたら休眠期のサインなので、肥料は施しません。

花を散らして仕立てれば、ナチュラルな美しさに

売られているシクラメンは、株元に光を当ててしっかり花が咲くよう、花を中心に集めて仕立てられています。
葉の間から花が顔を出すように、花茎を放射状に広げると、花色の表面積が増えて、ナチュラルで華やかな美しさになります。

買うときは、葉の枚数の多いものを選んで

選ぶと、花芽がたくさんつきます。
また、花が咲き進んでいないもののほうが長く花が楽しめます。

メモ

北風が当たらない場所なら、戸外でも

ガーデンシクラメン以外のシクラメンも、北風が当たらない場所で管理すれば育てることができます。
戸外用というマークがつけてある品種もあるので、選ぶときの目安にして。

監修

杉井 志織

  • 園芸研究家

プロフィール

建築を学んだのち、園芸の世界へ。花壇ボランティア運営の指導や花壇管理を行うほか、イベント装飾や庭の管理・企画・運営なども行う。NHK「趣味の園芸」、「あさイチグリーンスタイル」に出演。