料理

簡単! おいしい! 本格漬物
~小松菜のしょうゆ漬け

箸が止まらない!
家庭にある調味料で手軽に絶品の”しょうゆ漬け”ができる。簡単アレンジレシピもご紹介

公開日:2018年11月22日

日本の伝統食“漬物”。
家庭で漬けるのは、手間も時間もかかり面倒、とあきらめてはいませんか?
そこで、信州の漬物名人が、家庭で手軽に漬物をつくる方法を伝授します。
家庭にある基本的な調味料だけでつくる“小松菜のしょうゆ漬け”と、アレンジレシピをご紹介。
また、小松菜のしょうゆ漬けは、豚肉と炒めるだけでメイン料理に変身!
漬物の風味で味が決まるので、他の調味料はいりません。
手軽にできるので、ごはんのお供にぜひどうぞ。

小松菜のしょうゆ漬け

しょうゆの香りと砂糖の甘み、酢の酸味のバランスが絶妙で後を引く味。
1kgつくっても、かさが減るので、あっという間に食べきれます。
菜の花や高菜、野沢菜などでも。

【材料】(つくりやすい分量)

小松菜 1kg
砂糖(きび糖、てんさい糖など)50g
しょうゆ 180ml
米酢 40ml
赤とうがらし(種を取って小口切り)1本

【つくり方】

  1. 1小松菜は根元をよく洗い、水けをしっかりきる。根元を切り落とし、長さ3~4cmに切る。
  1. 2清潔なホウロウの保存容器に入れ、砂糖、しょうゆ、酢、赤とうがらしを加える。
  1. 3上下を返すように手で混ぜ合わせ、調味料をなじませる。
  1. 4皿の上におもしをのせ、小松菜が調味液につかるようにし、ふたをする。半日間おいたら完成。

メモ

・おもしの重さは野菜の重量の2倍程度。

・常温で1週間ほど保存可能。長く漬けると酸味が出てくる。

豚肉と小松菜漬け炒め

小松菜漬けが調味料がわり。漬物の風味と食感を生かすため、長く炒めず手早く炒めるのがポイントです。

【材料】(2人分)

小松菜のしょうゆ漬け 200g
豚肩ロース薄切り肉 100g
菜種油(またはサラダ油)大さじ1
一味とうがらし(お好みで)少々
しょうゆ漬けの漬け汁 適量

【つくり方】

  1. 1油をフライパンに入れ中火で熱する。豚肉を切らずに広げて入れ、両面を焼きつけて火を通す。
  2. 2小松菜のしょうゆ漬けを加え、サッと炒め合わせ(味をみてお好みで漬け汁を追加)器に盛る。お好みで一味とうがらしをふる。

教えてくれた人

横山タカ子

  • 料理研究家

プロフィール

地元・長野の郷土食をベースに、オリジナリティに富んだ家庭料理や保存食を考案。さまざまなメディアや講演会で、信州の食文化を広める活動にも力を注いでいる。