ファッション・雑貨

どんな女性にも似合う!
メンズコスプレにならない「マニッシュ」

最強のおしゃれタッグ シトウレイ&奈良裕也が
失敗しない「マニッシュ」の極意を伝授!

公開日:2018年9月28日

『シトウレイのファッション道』第6弾は「マニッシュ」。

「マニッシュ」はかっこいい女性だけのものではない!

ちっちゃくてキュートな女性や柔らかな雰囲気の方にこそ挑戦してもらいたいスタイルなんです。

ヘタすると「メンズコスプレ」になりそうなスタイルを今回もシトウレイの魔法のコーディネートで女性ならではのかわいくてかっこいいマニッシュに!

今回はヘアメイクを担当する奈良裕也さんをゲストに招き、さらにパワーアップ!

今月のイチオシ! メンズコスプレにならない「マニッシュ」

こんにちは! シトウレイです。
今回ご紹介するのは、こちら…男性なんです〜。
実は彼、私のヘアメイクを担当してくれている奈良裕也くん。
とってもおしゃれ。女性の私もいつもインスピレーションをもらってます。
彼のスタイルから「マニッシュ」を学ぶのが今回のテーマ。今日は奈良くんにも参加してもらいます!
はじめまして。奈良裕也です。
これまでの回もレイちゃんのヘアメイクとして裏方で参加してたんだけど、今日はゲストに呼んでもらって光栄です。

奈良くんスタイル ポイントは「アクセサリー使い」

「マニッシュ」=「メンズの着こなしを女子ならどう取り入れるか」
早速、奈良くんのスタイルを因数分解して、女子の着こなしに活かせそうなポイントを発見したいと思います。

ボーダーのTシャツにジーンズにつっかけ…。
これだけだと「ただの人」ですが、奈良くんの着こなしがおしゃれなのは
「アクセサリー」が効いているから。
メンズのアクセサリーはギラギラした「オラオラ系」になりがち。
しかし、奈良くんは複数のシルバーアクセサリーを絶妙なバランスで合わせておしゃれに。
これなら女子でも取り入れられそうですよ!

「マニッシュ」の極意は「ゴツいけど繊細」

奈良スタイルの絶妙なバランスの秘密が、「ゴツいけど繊細」なアクセサリー使い

よく見ると、男っぽいゴツめのアクセサリーと細く繊細なものを組み合わせてつけてるんです。

(1)左手の厚めのレザーのバングルは、ちょっと細めのシルバーのブレスレットと合わせて。

(2)ウォレットチェーンが太い分、ネックレスは細く繊細。
これは洋服にも言えること。おしゃれなマニッシュの極意は、ほどよく女性的な繊細さをミックスした「ゴツいけど繊細」な着こなし!

早速、「ゴツいけど繊細」を意識して、「大人女子のマニッシュ」に挑戦したいと思います。
今回は奈良くんにも一緒にお洋服選びを手伝ってもらいますよ!

シトウ&奈良流 手持ちの服で「大人女子マニッシュ」に挑戦!

「ゴツくて繊細」。
男性的なものと女性的なものをバランスよくミックスしてコーディネートします。

奈良「レザーも可愛いね」
シトウ「女の子っぽいものを一点は入れた方がいいね。」
奈良「これは着方によっては、マニッシュにもなるね。でも、上級者向けかな」
奈良「あ、これいい!」
シトウ「まさにメンズジャケット!」

なんと、このジャケット古着屋さんで買った80年代の普通のおじさんの背広なんですよ!
そして、アクセサリーは奈良くんとシトウのものから「ゴツいもの」と「繊細なもの」を選択。
ポイントは・・・

おじさんが着る普通の背広で、マニッシュ全開!
80年代頃の古着で肩パッドが、時代を感じさせますが、肩を落としてだぼっと着ることで、女性の華奢な感じも強調されます。

スカートはミニ
レザーというマニッシュ要素の強い素材なので、脚を見せて、女の子らしさを強調しました。

インナーのTシャツも新品だとコスプレ感が出ちゃうので、古着を選択。
古着のほうがこなれ感が出ます
アクセサリーは、ゴツい男性的なものと繊細な女性的なブレスレットの組み合わせ。 アクセサリーを強調するため、ジャケットの袖をまくって手首を見せます。
手首や足首など華奢な部分を見せることで、女性性が強調され、さらにバランスがよくなります。

奈良流! マニッシュを完成させる「ヘアメイク」

そして、マニッシュを極める上で、大事なもうひとつのポイントが「ヘアメイク」です。
メンズっぽい服に負けないよう、凛としたかっこいいメイクが基本。

●眉はしっかりめ、目元はダークカラーで

●リップも深めの茶系カラーや、服によっては赤いリップも効果的

●丸顔の方は顔に影をつけて、シャープにするとよりマニッシュに
 
●目元には女っぽさを残すと、より大人のマニッシュに
スモーキーっぽいシャドウやラメを入れてセクシーさを演出して

●ヘアスタイルもスッキリとコンパクトに
お父さんの古着や、ご主人、息子さんの服もご自分の服とバランスよくミックスすれば、ワードローブも2倍、3倍に!
素敵なマニッシュコーディネート、ぜひ挑戦してみて下さいね!
「何を着るか、ではなくて、どう着るか。」
 
お相手はシトウレイ&奈良裕也でした。バイバイ!

メモ

↑動画もチェックしてみてくださいね! パリでの撮影や服選びの様子も収録されているので
ファッションが大好きな方はもちろん、おしゃれしてみたい方も楽しんでいただけるはず!

教えてくれた人

シトウ レイ

  • ストリートスタイル フォトグラファー、ジャーナリスト

プロフィール

世界各国のストリートスナップを撮り続ける日本を代表するフォトグラファー。 ファッション誌でカメラマンとして活躍後、Webサイト『STYLE From TOKYO』を立ち上げ東京のストリートファッションを世界に向けて発信。 自身もストリートファッション写真の権威『The Sartolialist』の著書に特集を組まれるなどファッションアイコンとしても注目されている。

教えてくれた人

奈良裕也

  • アートディレクター / ヘアメイク

プロフィール

サロンワークをベースにファッション誌、業界誌やHAIR SHOWの他、ヘア&メイクアップ アーティストとして海外のアーティストやセレブを手掛け、カタログやコレクショ ン等でも活躍中。 また自身も東京のファッション アイコン的存在で撮影に参加するなど活動は多岐にわたる。