園芸・グリーン

かわいく飾る ミニコチョウラン

可憐(かれん)な手のひらサイズのミニコチョウランは、
花を咲かせるインテリア。上手に飾って楽しみましよう。

公開日:2018年10月26日

ゴージャスなイメージのコチョウランですが、ミニコチョウランは、
美しさはそのままに、手のひらサイズにミニチュア化したもの。値段も手頃です。
小さいからこそ置き場所にも悩まず、器や飾り方もいろいろ楽しめ、冬のインテリアにもってこい。
長く楽しむための育て方をプロが教えます。

ミニコチョウランの魅力が際立つ 飾り方いろいろ

器に工夫を凝らしてキュートに飾る

器に工夫を凝らしてキュートに飾る
植木鉢だけが、器ではありません。いろいろな容器を鉢の代わりに使えば、一層ミニコチョウランの可憐さが際立ち、キュートなインテリアとして楽しめます。
ミニコチョウランは花色も豊富なので、その色にあった器を選ぶのもよいでしょう。
また、器の質感を変えることで、雰囲気もガラッと変わります。
ブリキのバケツやマグカップ、ガラスの容器など、既成概念にとらわれず、自分で好きな器をチョイスしてみましょう。

【底に穴のあいていない器に植える方法】

1.乾燥した水ゴケを切って、根鉢を崩さず側面に巻きます。 器にきっちり入るよう、強く巻きましょう。
2.1を器に入れ、株元を持っても器が抜けないくらい、きっちりと詰まっていればOK。
底の部分に、水がたまっても大丈夫なように空洞をあえて作ります。

メモ

水ゴケをぎゅうぎゅうに詰めることで、器に根鉢が固定され、底に空洞を作ることができます。
また、水ゴケをぎゅうぎゅう詰めることで、水が乾きやすく、コチョウランの特性に合った環境を作れます。
底にたまった水は、水ゴケが乾いたら器を斜めにして、再度水ゴケに吸わせてあげましょう。

ドーム型ガラスで気品を味わう

ドーム型のガラスでミニコチョウランを覆うことで、繊細さがより引き立ち、ガラスの屈折率とも相まって、幻想的な造形美と気品が味わえます。
小さなミニコチョウランだからこそ、できる飾り方ともいえます。

※ドーム型のガラスは、雑貨店などでディスプレイ用として販売されています。

メモ

・ドーム型ガラスで覆うことで、一度水やりをすれば、ドーム内で蒸発した水分が循環するので、1か月は換気も水やりも必要ありません。
コチョウランは、湿度を好むのでドームで覆う方法は理にかなっています。ただし、3月末あたりからは日ざしも強くなり、ドーム内が蒸れたりするので、換気するか、日ざしをレースカーテンで遮るなどしましょう。
・4~10月は、ドームから出して管理します。

木に着生させて野生みを味わう

コチョウランは本来、樹木に着生する植物。木に着生させて、壁などに飾り野生みを味わうのもよいでしょう。
軽いミニコチョウランだからこそ、手軽で壁に豪華に飾れます。
高いところに飾るのも、暖かい空気が上に上がるので、寒がりのコチョウランにはとてもよい環境といえます。

【作り方】

5~6月に植え込み材を取り、根だけにします。ほんの少量の水ゴケを、コルク、ヘゴ、流木などの腐らない木に押し当てて、木綿糸か絹糸でくくるだけ。

メモ

・花が咲いている時期は、根が傷みやすいので5~6月の初夏に作業は行いましょう。ひと夏で根が張ります。
・水ゴケはほんの少量(水分補充の手助け程度)にすることで、自らが根を張り、着生します。

手軽なインテリアとして

ミニコチョウランは軽いので、接着剤で鉢を写真立てなどにくっつけて飾ると、手軽に花のインテリアができます。

【作り方】

取り付けたい小物に、鉢をグルーガンなどの接着剤でくっつけます。

管理のコツ

水やり時の適水温は30~40℃

コチョウランは東南アジアが原産。冷たい水は好みません。11~5月の間は、35℃程度のぬるま湯を与えましょう。
冷たい水を与えてしまうと、低温でも活動可能なバクテリアが鉢の中で増え、根を食べてしまう「根腐れ」が起きてしまいます。

与える水は3号鉢で約100ml

ミニコチョウランの鉢サイズは、だいたい3号鉢程度。この3号鉢なら、一度の水やりの量は約100mlでおさえましょう。
あまりに水が多すぎると、水切れが悪く根が伸びづらくなります。コチョウランの根は、水が切れたときに、水分を求めて伸びる習性があるので、水のやりすぎは禁物です。

置き場所

11~3月は、しっかりと日が当たる窓辺に。4~10月は、レースのカーテン越しの窓辺に置きましょう。
コチョウランが元気に育つ照度は25000ルクス。最低でも5000ルクスは必要です。窓辺から離れると、意外と照度は下がるので、照度計があれば、計ってみるとよいでしょう。
窓辺から離して楽しみたい場合は、つぼみから花が咲くまではしっかりと光に当て(最低5000ルクス)、満開になってから移動させましょう。
また、コチョウランは寒がりなので、室温は16~27℃だと元気に育ちます。

教えてくれた人

富山 昌克

  • 園芸研究家

プロフィール

コチョウランの栽培を30年以上という、まさにコチョウランのプロ。ハワイ大学熱帯園芸学部交換研究生を経て、ラン園代表。バイオテクノロジーの研究キャリアから裏付けられた、科学的な説明に定評がある。