住まい・インテリア
ライフスタイル

掃除のプロ直伝!
洗車ブラシ1本でラクラク時短のお風呂掃除術

洗車ブラシで、カビ、水あか、ぬめりなどお風呂中の汚れがキレイに!
プロも実践するお風呂掃除の方法を伝授

公開日:2018年9月28日

頑固なカビが生える目地やデコボコな床、複雑な蛇口周りの水あか、
髪の毛や汚れが溜まったヌメヌメの排水口…。
お風呂場には、汚れが目立つ場所がたくさんあり、
しっかり掃除をやろうと思っても、なんだか億劫になってしまうことありますよね。

そんな面倒なお風呂掃除を楽にしてくれる掃除術を掃除のプロから伝授してもらいました。
掃除のプロが使うのは、スポンジや歯ブラシではなく、車を洗う“洗車ブラシ”1本。
これだけで、お風呂の中がすべてきれいに。

時短ができるお風呂掃除のコツを覚えて、キレイなお風呂で一日の疲れや汚れを洗い流しましょう!!

なぜ、お風呂掃除に洗車ブラシ?

毛先が細い先割れ加工の洗車ブラシは、先端が細く分かれており、それがお風呂の床などのデコボコしたところに入り込み、汚れをかき出してくれます。また、適度な弾力があることで、掃除する場所を傷つけることがありません。さらに、毛足が長いため、蛇口周りや浴室の隅など、奥まった所や、角に入り込み、汚れをかき出すことができます。

洗車ブラシを使った掃除術

  1. 1浴室用中性洗剤を直接ブラシに吹きかける。
  1. 2床を1度水で濡らしたあと、たたくように洗剤を塗り広げる。

メモ

たたくことで、デコボコの奥まで洗剤がムラ無く入り込む

  1. 31分間ほどおいたら、ブラシの重さだけで軽くちょこちょこと動かしながら磨く。
お風呂場のデコボコした床に入りこんだ汚れも洗車ブラシで掃除をするとキレイに!

お風呂掃除に最適な 洗車ブラシの選び方

洗車ブラシは、ホームセンターやカー用品店で安いものは500円から1000円で購入可能です。洗車ブラシにもさまざまあり、お風呂掃除に使うことが出来るのは、「ボディ用」の洗車ブラシです。
ボディ用は、車のボディを傷つけないように、毛が細かく柔らかくなっています。
ボディ以外のブラシは、毛が硬く、床などを傷つけてしまう可能性があるので、気をつけましょう。
また、車のボディを洗っているブラシとの兼用はNG。砂や小石などが入っていることもあるので、傷がつく可能性も。お風呂掃除専用にブラシを使うようにしてください。

教えてくれた人

尾崎 真

  • ハウスクリーニング 技能士

プロフィール

掃除の国家資格を持ち、大手ハウスクリーニングチェーンで、掃除技術や店舗経営を指導するスーパーバイザー職を経て、現在は、商品やサービスの開発を担当。最先端の洗浄技術に関わる知識も豊富。専門的な技術はもちろんのこと、家庭で簡単にできる掃除術を提案し、テレビや雑誌など多くのメディアで活躍中。