園芸・グリーン

ミニハクサイをプランターで育てよう

ミニハクサイは、食べきりサイズで栽培期間も短く、育てやすい野菜。
プランター栽培にぴったりです。

公開日:2018年10月12日

一般的なハクサイは2~3kg、ミニハクサイは600~800gととてもコンパクトな食べきりサイズ。
さらに葉っぱが柔らかいので生でも食べられます。
栽培期間も植えつけから約2カ月と短く、手軽に育てられます。

ハクサイは、まだ暑さの残る時期から植えつけるのがポイント。寒すぎると葉が大きくならず、暑すぎると葉が痛んでしまいます。

[用意するもの]

ミニハクサイの苗(2株)
プランター(幅:約50cm、深さ:約30cm、奥行き約30cm/容量25~30L)
元肥入り野菜用培養土
鉢底石
支柱(鉄線などの曲がる支柱、90cm)
麻ひも
防虫ネット(150cm幅、目合い0.8~1mmで銀線入りのものがおすすめ)

[育て方]

1.苗を植える
鉢底石を敷き、培養土をプランターの縁から3cm程度まで入れます。
30cm程度間隔を開けて植え穴をあけ、苗を植えます。苗と周りの土が同じ高さになるように調整しましょう。
また、ハクサイの葉は、折れやすいのでやさしく扱いましょう。

メモ

ミニハクサイは、最初に外側の葉がとても大きく広がって育ちます。その後だんだん葉の枚数が増えると、葉が立ち上がって巻き始め、球状になる結球野菜です。
プランターからはみ出るように育つ最初の外側の葉が、光合成を十分にして栄養分を作ることが、おいしいハクサイを作るポイント。
植えるときは、最初の葉が隣の苗の葉と重ならないように、十分に苗同士の間隔をあけましょう。
葉は、プランターの外側にはみ出てもかまいません。

2.防虫ネットを張る
ハクサイの葉は虫がつきやすいので、植えつけたらすぐに、防虫ネットをかけます。
葉にネットが当たらないよう、支柱をアーチ状に曲げてプランターの底までしっかりと差し込み、その上から防虫ネットを被せます。
葉が大きく広がるので、防虫ネットはふわっと大きめにかけ、麻ひもでプランターに固定します。防虫ネットの余分な部分はカットします。
3.水やりをする
防虫ネットの上から、水やりをします。
防虫ネットは、虫は通しませんが、光や水は通します。
4.追肥
中心の葉が立ち上がってきたら、結球し始める合図。このタイミングで追肥します(追肥は1回だけ)。
追肥が早すぎると葉が大きく広がるばかりで、結球が遅れます。
規定の倍率に水で薄めた液体肥料を、水やりを兼ねてたっぷりとりましょう。

5.収穫
球の頭を手で軽く押し、堅く締まっていたら収穫します。
収穫は、外葉を押し下げて、球を地際から包丁で切ります。
2個目を収穫するまで、残った外葉と根は、抜かずに残しておくと、残した2個目のハクサイの根を傷めません。

【ミニハクサイ栽培データ】

科名:アブラナ科
発芽適温(地温):20~25℃
生育適温(気温):15~20℃
病害虫:アオムシ、コナガ、ヨトウムシ、アブラムシなど

教えてくれた人

深町 貴子

  • 園芸家

プロフィール

東京農業大学短期大学部卒業。NHK「趣味の園芸 やさいの時間」の講師としてテレビで活躍。野菜作りの魅力を伝えている。