美容・ケア

椅子(チェア)ヨガで体をリセット!
胃腸を元気にしたいとき編

胃が弱い、食べすぎ、便秘など、
胃腸に関わるさまざまなお悩みに有効なポーズです。

公開日:2018年9月28日

毎日の食事をおいしくいただくために、胃腸の調子はいつも健康に保ちたいもの。
でも、意外と、胃腸の調子を崩したり、お通じが不調になったりと、乱れがちな人も多いのでは。
食事を楽しみ、食べたものをしっかり栄養にできる体を養うために、胃腸の健康におすすめのポーズを紹介します。

椅子(チェア)ヨガの基本の姿勢

「椅子ヨガの基本」で、正しい基本の姿勢を確認してから行ってください。

メモ

こんな椅子を使いましょう
・背もたれがある
・ひじかけがない
・座面が平らで床と並行



椅子ヨガの基本を詳しく見る

体を深くねじるポーズ 

体をねじることで、腸に刺激を与え、老廃物の排出を促すポーズです。
上体を少し前傾させておなかをももに近づけ、息を吐きながらねじるのがポイント。呼吸に合わせ、ねじりを深めていきましょう。
  1. 1「基本の姿勢」で座り、両足をそろえる。
    左足を上にして足を組む。右手を胸の前で構え、左手は体の横に下ろす。

メモ

組みづらい人は右足を少し左に移動させるとよい。

  1. 2背すじを伸ばしたまま上体を少し前に倒し、おなかとももを近づけ、息を吐きながら上体を左にグーッとねじる。

メモ

右ひじを左ひざの外側に当てる。背中が丸まらないように。

  1. 3そのままの状態で合掌する。できれば顔はさらに後ろへ向ける。この状態をキープして、深い呼吸を3~5回繰り返し、基本の姿勢に戻る。
    背すじは伸びたままで。

    反対側も同様に行う。

メモ

・体がかたくて足を組むのがつらい人は、両足をそろえた状態でねじりましょう。このポーズのときは合掌はせず、ねじった側に両手を下ろします。
・顔は横を向いていても上体が正面を向いたままだと体がねじれていません。ウエストからしっかりねじりましょう。

下を向いた犬のポーズ

二足歩行の人間は、内臓が下垂しやすく消化不良に陥りやすい傾向があります。四足歩行に近い姿勢をつくるこのポーズを行うと、内臓の働きの助けになります。また、肩こりや下半身の疲れにも効果が期待できます。
  1. 1椅子から、30cm程度離れて椅子を正面にして立つ。足は肩幅に開く。
    両手を座面前方にしっかりつく。背すじはまっすぐ伸ばし、丸まらないように注意。
  1. 2背すじを伸ばしたまま椅子から少しずつ距離をとる。頭が下がらないように、目線は座面へ。腕、肩、背中が気持ちよく伸びたところで止まり、深い呼吸を3~5回繰り返す。その後、ゆっくりと最初の姿勢に戻る。

メモ

腕から肩、腰までをまっすぐに。両手で座面をしっかり押さえ、おしりが後ろに引っ張られるようなイメージで。

メモ

肩がかたくてまっすぐになるまで伸ばせない場合は、肩関節が完全に伸びなくてもOK。気持ちよく伸びたところでキープしましょう。




メモ

椅子(チェア)ヨガを実践するときの注意事項
・満腹時には行わないでください。
・体調がすぐれないときはお休みしましょう。
・持病がある方、通院中の方、痛みや不調のある方は必ず医師に相談し、許可を得てから行ってください。

教えてくれた人

山田 いずみ

  • ヨガインストラクター

プロフィール

体育大学進学後、モデルとして活躍するかたわら、ヨガを本格的に始める。祖母がヨガで元気になる姿を見てヨガの魅力を再発見し、ヨガインストラクター資格を取得。さらに介護予防運動指導員となり、介護の現場に役立つヨガプログラムの開発や、指導育成に力を入れる。

教えてくれた人

高尾 美穂

  • 医学博士

プロフィール

産婦人科専門医、スポーツドクター。女性向け総合クリニックの副院長。産婦人科外来に携わるほか、女性アスリートのメディカルサポートなどを行う。自身も長年にわたりヨガを愛好し、各種講座・講演などで指導者としても活躍している。