美容・ケア

椅子(チェア)ヨガで体をリセット!
やる気がでないとき編

落ち込んだりやる気が出ないときは自律神経のバランスが崩れているかも。
チェアヨガで整えましょう。

公開日:2018年9月28日

いつも元気いっぱいな人でも、訳もなく落ち込んだり、やる気が出なくなったりすることもあるのでは?
それは、自律神経がうまく切り替わらず、心身が活動モードに入れないから。
椅子ヨガで、切り替えを助けてあげましょう。
落ち込んだ時は、背中が丸まり、うつむいた姿勢になりがちですが、「胸を開く」「目線を上に向ける」という動作を行うだけでも、自然と明るく前向きな気持ちになれます!

椅子(チェア)ヨガの基本の姿勢

「椅子ヨガの基本」で、正しい基本の姿勢を確認してから行ってください。

メモ

こんな椅子を使いましょう
・背もたれがある
・ひじかけがない
・座面が平らで床と並行



椅子ヨガの基本を詳しく見る

アンテナのポーズ 

肩甲骨を寄せ、グーっと胸を開いていくポーズ。
胸を突き上げるような動きにより、かたくなったみぞおちがゆるみ、深い呼吸がしやすくなります。青空を見上げて深呼吸するようなイメージで行ってください。
  1. 1「基本の姿勢」で座り、息を吸いながら両手を広げ、天に向かってあげていく。ひじはまっすぐ伸ばし、顔は少し上向きで。

メモ

手の平は上に向け、胸を開くように。

  1. 2そのまま大きく手を斜め上に広げ、天を見上げる。息を吐きながら、胸を突き上げるように、さらに伸びる。
    この状態をキープして深い呼吸を3回繰り返し、基本の姿勢に戻る。

メモ

・肩甲骨や肩関節がかたく、腕が上がりにくい人は、できるところまで上げてキープ。顔はしっかり上を向きましょう。
・背中が丸まったり、ひじを曲げたりして腕が縮こまってしまうと、胸が開かず吸気がたっぷり入ってきません。胸を突き上げる意識を忘れずに。

ラクダのポーズ

骨盤を傾けさせて上半身を反らすこのポーズには、胸の緊張をゆるめる効果があります。肩甲骨周辺がほぐれるので、肩こりにも有効です。
腰に痛みが出ているときは無理に行わないでください。
  1. 1「基本の姿勢」で浅く座り、指先を前に向けて両手を体の後ろでしっかりとつく。
  1. 2息を吸いながら、肩甲骨を寄せて背骨を反らせ、胸を押し出す。この状態をキープして、深い呼吸を3回繰り返す。
  1. 3体を緩めるように、手のひらを上にして両手をゆっくりとひざの上に置き、おへそをのぞき込む。深い呼吸を3回繰り返して、リラックス。ゆっくりと基本の姿勢に戻る。

メモ

・手首がかたく後ろにつく手の指先が前に向けられない人は、横から座面をつかんで行いましょう。腕でしっかり体を支え、胸を押し出すことが大事です。
・首が後ろに倒れると、頭への血流が一時的に増加して、ふらつきの原因になります。反りすぎに注意しましょう。




メモ

椅子(チェア)ヨガを実践するときの注意事項
・満腹時には行わないでください。
・体調がすぐれないときはお休みしましょう。
・持病がある方、通院中の方、痛みや不調のある方は必ず医師に相談し、許可を得てから行ってください。

教えてくれた人

山田 いずみ

  • ヨガインストラクター

プロフィール

体育大学進学後、モデルとして活躍するかたわら、ヨガを本格的に始める。祖母がヨガで元気になる姿を見てヨガの魅力を再発見し、ヨガインストラクター資格を取得。さらに介護予防運動指導員となり、介護の現場に役立つヨガプログラムの開発や、指導育成に力を入れる。

教えてくれた人

高尾 美穂

  • 医学博士

プロフィール

産婦人科専門医、スポーツドクター。女性向け総合クリニックの副院長。産婦人科外来に携わるほか、女性アスリートのメディカルサポートなどを行う。自身も長年にわたりヨガを愛好し、各種講座・講演などで指導者としても活躍している。