美容・ケア

椅子(チェア)ヨガで体をリセット!
集中力を高めたいとき編

集中できない、気が散る。そんなときはチェアヨガで気持ちを落ち着かせ、集中に導きましょう。

公開日:2018年9月28日

仕事や勉強に集中できず、すぐに気が散ってしまうことがあります。
それは、自分で自分の気持ちをコントロールできていないから。

紹介するポーズでは、体のどこか一点に意識を集中させることで、
散漫になりがちな気持ちを落ち着かせ、コントロールしやすくする効果を狙います。
難しい方は無理せずできるものから行ってください。

椅子(チェア)ヨガの基本の姿勢

「椅子ヨガの基本」で、正しい基本の姿勢を確認してから行ってください。

メモ

こんな椅子を使いましょう
・背もたれがある
・ひじかけがない
・座面が平らで床と並行



椅子ヨガの基本を詳しく見る

鷲(わし)のポーズ 

手を絡ませてくちばしを形づくる「鷲のポーズ」は、ヨガの代表的なポーズ。それを座って行うようにアレンジしています。
顔の前で絡めた手の先に目線を向け、深い呼吸をしながら意識を集中させて。
肩関節や肩甲骨まわりがほぐれるので、デスクワークによるこりの予防・改善にもなります。
  1. 1「基本の姿勢」で座り、右手を前に、ひじを曲げながら上げて構える。
    ひじは90°に曲げる。
  1. 2左手を右手のひじの下からクロスさせるようにしてからめ、右手の甲(下のほう)と左手の甲(指先)を合わせる。

メモ

左右の肩甲骨が離れるイメージで。

  1. 3あごを軽く上げ、指先を見て意識を集中させる。息を吸いながら両手をゆっくり上げたところで動きを止め、深い呼吸を3~5回繰り返す。
  1. 4息を吐きながら基本の姿勢に戻る。反対側も同様に行う。

メモ

肩や肩甲骨まわりがかたくて、手の甲と甲を近づけられない人は、甲をひじの横に当てて行ってもOK。

万歳でバランス

おなかに意識を集中させてバランスをキープするポーズ。腹筋にしっかり力を入れないと、上体が不安定になります。また、椅子に浅く座るほど体が不安定になるので、最初は深めに腰かけてやってみましょう。腹筋を使うので、筋力アップ効果も得られます。
  1. 1「基本の姿勢」で座り、両手でお尻の両脇の座面をつかむ。
  1. 2おなかに力を入れて両脚を前に上げる。ひざを伸ばし、かかとを前に押し出すようにして足首を曲げる。
    背すじはまっすぐ伸ばし、背中が丸まらないように注意。

メモ

顔は下げないように、足は床となるべく水平にする。

  1. 32の姿勢をキープしたまま、両手を真上に上げる。背すじはまっすぐ伸ばし、足が下がらないように。
    おなかを意識しながら、このまま深い呼吸を3~5回繰り返し、ゆっくり基本の姿勢に戻る。

メモ

・背もたれに寄りかかってしまうと腹筋が使われなくなり効果がありません。深く座る場合も、背もたれからは離れましょう。
・腕を高く上げるほどバランスがとりにくくなるので、きつい人は両手を前に伸ばして行ってみましょう。




メモ

椅子(チェア)ヨガを実践するときの注意事項
・満腹時には行わないでください。
・体調がすぐれないときはお休みしましょう。
・持病がある方、通院中の方、痛みや不調のある方は必ず医師に相談し、許可を得てから行ってください。

教えてくれた人

山田 いずみ

  • ヨガインストラクター

プロフィール

体育大学進学後、モデルとして活躍するかたわら、ヨガを本格的に始める。祖母がヨガで元気になる姿を見てヨガの魅力を再発見し、ヨガインストラクター資格を取得。さらに介護予防運動指導員となり、介護の現場に役立つヨガプログラムの開発や、指導育成に力を入れる。

教えてくれた人

高尾 美穂

  • 医学博士

プロフィール

産婦人科専門医、スポーツドクター。女性向け総合クリニックの副院長。産婦人科外来に携わるほか、女性アスリートのメディカルサポートなどを行う。自身も長年にわたりヨガを愛好し、各種講座・講演などで指導者としても活躍している。