園芸・グリーン

ビギナーにおすすめ!
プランターでミニトマトを栽培しよう

初心者でも作りやすいミニトマト。上手に作れば1株で100個以上もとれます。手軽に始められるプランターでの栽培方法を紹介します。

公開日:2018年4月27日

庭先やベランダで気軽に始められるミニトマトのプランター栽培。
大きめのプランターに一株植えにして、わき芽(め)をすべて摘み取り、
主枝(しゅし)だけに栄養分を集中させる1本仕立てにします。
ここでご紹介する育て方は、3本の支柱をピラミッド式に立て、
その外側を伸びた主枝がグルグルとらせん状に回る方法。
誘引(ゆういん)は枝が折れないようにていねいに行いましょう。
日当たりがよく、風通しのよい場所に置いてきちんと管理することで
十分ミニトマトの収穫を楽しむことができます。

ビギナーにおすすめ! プランターでミニトマトの栽培

【ミニトマトの植えつけ時期】

ミニトマトの植えつけ時期は地域によって違います。住んでいる地域に合ったタイミングで植えましょう。

【用意するもの】

・ミニトマトの苗
・プランター(直径30㎝×深さ30㎝、容量15ℓ程度)
・野菜用培養土
・鉢底石
・袋状のネット
・麻ひも
・支柱(180㎝×3本)
など

【栽培の手順】

  1. 1鉢底石を敷く
    鉢底石を袋状のネットに入れ、袋の口を閉じます。こうしておくと片づけがラクにできます。ネットに入っているタイプもあります。
  1. 2野菜用培養土を入れる
    鉢底石の上から培養土を入れます。プランターの縁から2~3㎝程度のところまで入れ、土の表面を手で軽くならします。
  1. 3苗を植える
    培養土の中央に植え穴をあけ、苗を植えつけ、たっぷりと水をやります。
  1. 4支柱立て
    支柱3本を、株元から10cm以上離して等間隔に立て、上部をまとめて麻ひもなどで束ねてピラミッド形になるように固定します。
  1. 5誘引
    主枝を支柱に誘引し、麻ひもで結びます。枝が伸びてきたら支柱の外側を主枝(つる)がらせん状に回るように誘引します。枝が折れないようにていねいに行いましょう。
  1. 6植えつけ後の管理
    ・わき芽かき
    わき芽は小さいうちにすべてかき取って1本仕立てにします。

    ・人工授粉(じんこうじゅふん)
    第一花房(かぼう)に確実に実をつけさせるため、花が2~3輪咲いたら、筆などで花の表面を軽くなでます。

    ・追肥
    最初の実がふくらみはじめたら、2週間に1回、化成肥料10gを追肥します。
  1. 7収穫
    へたの周りまで十分に赤く色づいた実から順次、ハサミで切り取って収穫します。

【栽培データ】

科  名  ナス科
食用部分  完熟果実
連作障害  あり(4~5年あける)
土壌酸度  pH6.0〜6.5
病害虫   青枯(あおがれ)病、うどんこ病、疫(えき)病、葉かび病、アブラムシ、タバコガ、ハモグリバエなど

教えてくれた人

藤田 智

プロフィール

恵泉女学園大学人間社会学部教授。秋田県出身。家庭菜園指導の第一人者。大学で教鞭をとるかたわら、テレビ出演や講演など、家庭菜園の魅力をさまざまな形で伝える。