住まい・インテリア

DIYでリネンのシーツが
カーテンに変身!

気軽に洗えるリネンをカーテンに。
シーツを折ってハトメをつけるだけの簡単カーテンのつくり方を伝授!

公開日:2018年2月16日

光を気持ちよく感じられる空間づくりのために、カーテン選びは大切です。
インテリアスタイリストの石井佳苗さんは、
自然光を上手に部屋に取り入れるため、
軽い素材のリネンのシーツをカーテンにしています。
シーツを使うことで、窓の幅に合わせてサイズを選択でき、
さらに手がかかる布端の始末をしなくてもOKなんです!
つくり方はいたってシンプル。シーツを好みの長さに折って、パチンとハトメをつけるだけ。
気軽に洗えて風合いが増すリネンのシーツカーテンのつくり方をご紹介します。

リネンのシーツカーテンのつくり方

リネンのシーツカーテンのつくり方

【材料】

白いリネンのフラットシーツ
(シングルサイズ150×250cm)
1枚
ハトメ(真ちゅう製、内径約7mm) 6~8個
フック 6~8個
※フックは好みの形、サイズを。S字フックでもつるせます。

【道具】

鉛筆
はさみ
ハトメパンチ

【つくり方】

❶長さを決める 窓の大きさ、床につく分量などを見ながら、好みの長さになるように上端を折る。
  1. 1長さを決める
    窓の大きさ、床につく分量などを見ながら、好みの長さになるように上端を折る。
❷ハトメの位置を決める ハトメをつける間隔を決めながら折りたたみ、布に軽く折り跡をつける。
  1. 2ハトメの位置を決める
    ハトメをつける間隔を決めながら折りたたみ、布に軽く折り跡をつける。
❸印をつける ❷で決めた位置にハトメを置き、鉛筆で印をつける。
  1. 3印をつける
    2で決めた位置にハトメを置き、鉛筆で印をつける。
❹切り込みを入れる ハトメをスムーズにはめられるよう、印をつけた場所にはさみで小さく切り込みを入れる。
  1. 4切り込みを入れる
    ハトメをスムーズにはめられるよう、印をつけた場所にはさみで小さく切り込みを入れる。
❺ハトメを打つ 切り込みを入れた場所にハトメを置く。ハトメパンチを使って、しっかりつける。
  1. 5ハトメを打つ
    切り込みを入れた場所にハトメを置く。ハトメパンチを使って、しっかりつける。

教えてくれた人

石井 佳苗

  • インテリアスタイリスト

プロフィール

イタリアの大手家具メーカーに勤務後独立。現在はインテリアや暮らしまわりのスタイリストとして、さまざまなメディアで活躍中。リノベーションした1LDKのマンションに3匹の猫と暮らす。「Love Customizer No.2 DIY×セルフリノベーションでつくる家」など著書多数。