料理

余ったパン粉を消費!
絶品パン粉スイーツ

使い切れずに残ってしまうパン粉、
お菓子を作って使い切りましょう!
簡単でおいしいスイーツ3種。

公開日:2017年7月7日

フライを作ると絶対に余ってしまうパン粉。
全部使い切るのはなかなか難しいですよね。
そんなお悩み解決!
パン粉で作るベースの粉とベースの液体で、
いく通りものスイーツができるんです。
手順が簡単であっという間にできるので、
家族みんなでスイーツ作りを楽しみましょう。

「ベースの粉」と「ベースの液体」を作ろう!

まずはスイーツのもととなるパン粉入りの「ベースの粉」と「ベースの液体」を作ります。この2つに“異なる風味”と“異なる加熱方法”を加えることで、3種類のお菓子ができます。
「ベースの粉」の作り方

「ベースの粉」の作り方

【材料】

乾燥パン粉 40g(カップ1弱)
ベーキングパウダー 小さじ1

【つくり方】

乾燥パン粉とベーキングパウダーを合わせる

「ベースの液体」の作り方

【材料】

バター 50g
砂糖 50g
1コ
牛乳 100ml

【つくり方】

  1. 1バターを電子レンジ(600W)に約30秒間かける。バターが8割溶けたのが目安。余熱で溶かすと風味が逃げない。
  2. 2溶かしたバターと砂糖を混ぜる。そこに、卵を3回に分けて加えながら混ぜ、その後、牛乳を3回に分けて加えながら混ぜる。

「ベースの粉」と「ベースの液体」のできあがり

スイーツ(1)「ふんわりチョコレートケーキ」

電子レンジを使うことで短時間でふんわりのチョコレートケーキができます。

【材料】

ベースの粉 全量
ベースの液体 全量
ココアパウダー 大さじ2

【つくり方】

  1. 1ベースの粉にココアパウダーを混ぜる。
  2. 21とベースの液体と合わせる。
  3. 35分間おいてなじませる。
  4. 43を耐熱容器に入れ、オーブン用クッキングシートをかぶせる。
  5. 5電子レンジ(600W)に約4分間かける。
  6. 5容器から取り出して完成。

スイーツ(2)「しっとりパンプディング」

ジャムを使うことでカラメルを作る手間を省きます。

【材料】

ベースの粉 全量
ベースの液体 全量
バニラエッセンス 適量
バター 適量
ジャム 大さじ2
⑤アルミホイルをかぶせてふたをし、蒸し器で15分間蒸す。

【つくり方】

  1. 1ベースの液体にバニラエッセンスを加える。
  2. 2カップにバターを塗り、お好みのジャムを耐熱容器の底に敷き詰める。
  3. 3ベースの粉と液体を混ぜ、5分間なじませる。
  4. 4耐熱容器の6分目まで3を入れる。
  5. 5アルミホイルをかぶせてふたをし、蒸し器で15分間蒸す。
  6. 6出来上がりの目安は、真ん中を指で押してしっかり弾力がある状態。
  7. 7冷めたら容器から取り出し、完成。

スイーツ(3)「ずっしりタルト」

食べごたえしっかり、レーズンがアクセントの簡単タルト。

【材料】

ベースの粉 全量
ベースの液体 全量
レモン汁 カップ1/4(レモン1/2コ分)
小麦粉 大さじ3
レーズン 適量
バター 適量

【つくり方】

  1. 1小麦粉をベースの粉と混ぜる。
  2. 2レモン汁をベースの液体と混ぜる。
  3. 312を混ぜ、5分間おいてなじませる。
  4. 4バターを塗ったタルト型(21cm)に生地を流し入れ、お好みで上からレーズンを散らす。ゴムべらなどで軽く押しつける。
  5. 5温めておいたオーブントースター(900W)で約15分間焼いて、完成。

教えてくれた人

ヤミー

  • 料理研究家

プロフィール

世界中のお料理を3ステップの簡単レシピにしてお届けする、料理研究家。2006年1月に料理ブログをスタートし、レシピの簡単さと面白さからたちまちネットやテレビで話題に。 世界中の料理を日本の家庭で作れる簡単レシピにするのが得意。