料理

バリスタ直伝!
おいしいコーヒーのいれ方

カフェで飲むような“おいしいコーヒー”がおうちで。
手軽に楽しめるコーヒーのいれ方を教えます!

公開日:2017年3月31日

頭をシャキッとさせたい時、ほっと一息入れたい時など
暮らしの中で一杯のコーヒーがとても役立ちます。
豆を挽いて一から本格的に楽しむのもよいのですが、
もっと手軽においしいコーヒーをいれられたらと思いませんか。
ペーパードリップより手軽でおいしいコーヒーのいれ方を
世界一のバリスタ・井崎英典さんに教えていただきました。
簡単なポイントさえ押さえれば、あなたのおうちもたちまちカフェになりますよ。

おいしいコーヒーをいれる前の準備

フレンチプレス
ペーパードリップよりも手軽にコーヒーがいれられるフレンチプレス。
フレンチプレスでいれたコーヒーは豆の油分まで抽出できるため、なめらかでトロッとした舌触りのコーヒーを味わうことができます。
【深煎り】【浅煎り】
コーヒー豆の選び方は、お酒を飲んだ翌日なら、カフェインを多めに取れる浅煎りがおすすめ。浅煎りの豆は酸味があるので、口の中がさっぱりします。

深煎りは苦味と重厚な味が特徴。
脂っこいものを食べた後や胃が重たいと感じた時に飲むとスッキリします。アイスコーヒーやカフェオレなどで味わってみてください。
中粗びき
豆のひき方は、1~2mmの粒状になるまでひいた「中粗びき」がベストです。

えぐみがなく、スッキリとした味が楽しめます。

【おいしいコーヒーのいれ方】を動画でcheck

フレンチプレスで
おいしいコーヒーをいれよう(コーヒー2杯分)

1. コーヒーの粉を入れる

フレンチプレスにコーヒーの粉(中粗びき)を16~18g(約大さじ3)入れる。
※フレンチプレスは350ml容量のものを使用。

Point

粉は目分量で入れず、計って入れると誰がいれてもプロの味に。

2. 熱湯を注ぐ

沸かしたての熱湯(約300g)を2杯分の目盛りまで円を描くように注ぎ、湯が粉にまんべんなく行き渡るようにする。

Point

しっかり抽出したい場合は、湯を二度入れして。一度目で湯を半分まで注いで30秒おいたら、残りの湯を入れましょう。もっとこだわりたい方は湯の重さもはかって。

3. 4分待つ

ふたをして4分待つ。時間がきたら、つまみをゆっくり押し下げてプレスする。

メモ

湯を二度入れする場合は、3分30秒待ちます。

4. でき上がり!

カップに注ぎ分ける。

Point

フレンチプレスにコーヒーを残すと味が濃くなってしまうので、カップに注ぎきって。

教えてくれた人

井崎英典

  • バリスタ

プロフィール

2014年ワールドバリスタチャンピオンシップで優勝し、日本人初の世界一に輝いたバリスタ。2016年にコーヒーに関する教育、製品開発、プロモーションなどを行う会社を立ち上げ、世界をまたにかけて活躍中。