ページの本文へ

  1. トップページ
  2. 京の推しレシピ
  3. 【京の推しレシピ】枝豆入りあじのつみれ

【京の推しレシピ】枝豆入りあじのつみれ

京の推しレシピ

執筆者のアイコン画像大森華子(リポーター)
2022年09月14日 (水)

2022年9月14日(水)放送

<材料(4~5人分)>
・枝豆(さやつき) …  100g
・水 …  500mℓ
・塩 …  10g

【氷水用】
・水 …  500mℓ
・塩 …  10g

【つみれ】
・あじ …  200g
・塩 …  1つまみ
・うす口しょうゆ …  小さじ1
・卵黄 …  1個分
・かたくり粉 …  大さじ1
・しょうが …  少々
・えび …  4~5匹

【つみれをゆでる用】
・水 …  750mℓ
・昆布(3m角) …  1枚
・塩 …  7g

【だし】
・だし …  300mℓ
・塩 …  小さじ1/2
・うす口しょうゆ …  小さじ1/2
・長芋 …  100g

・ゆず …  適量

<作り方>
1.鍋に水(500mℓ)、塩(10g)、枝豆を入れて12~13分間ゆでる
2.ボウルに水(500mℓ)、塩(10g)、氷を入れ、ゆであがった枝豆をつけて冷ます
冷めたら、さやから出しておく
3.あじは、骨と皮を取り除いて刻み、フードプロセッサーでかくはんする
塩、うす口しょうゆ、卵黄、かたくり粉を入れてさらにかくはんする
(3)をボウルに移し、千切りにしたしょうが、(2)の枝豆を入れて混ぜる
丸めてえびを入れて形を整える
5.鍋に水(750mℓ)、昆布、塩(7g)を入れて沸かす
(4)を入れて火が通るまでゆでる(3分程度)
6.(5)を器に入れ、彩りで野菜(今回はさつまいもと万願寺とうがらし)を添える
7.別の鍋にだしを入れ、塩、うす口しょうゆを加えて味をととのえ、温める
すりおろした長芋を加え、ひと煮たちさせる
8.(6)に(7)のだしをかけ、すりおろしたゆずの皮をかけて出来上がり


この記事に関連するタグ

大森華子

秋山直浩(日本料理)

最新の記事

【京のええとこ】和束町 茶畑に魅せられて

2022年9月16日(金)放送↓放送の内容をテキストでも紹介しています!お出かけの参考にぜひご覧ください!↓ 今回訪ねたのは和束町。茶畑に魅せられて、町に移り住んだ人たちに出会いました。 宇治茶のおよそ4割を生産する茶どころ、和束町。斜面いっぱいに茶畑が広がり、"茶源郷"と呼ばれています。 茶畑を一望できるカフェはたくさんの観光客でにぎわっていました。 植田修さんは和束に移住して15年。植田さんの茶畑は山奥の急斜面にあります。急斜面、これが和束のお茶の味の決め手だそうです。 山あいの和束町は、昼夜の寒暖差があり、季節によって朝は霧がたち込めます。霧がお茶の香りを良くするのです。 植田さんは地元の人と、新たに移住してきた人をつなぐグループを作っています。 植田さんを頼り、和束に移住してきて茶農家になったタイ出身のジャックさんと、大阪出身のなつきさん。 和束の景色と町の人たちの温かさが、移住の決め手だったといいます。 植田さん、ジャックさん自慢のお茶をいただきました。植田さんの和紅茶。ジャックさんの浅めにばい煎した、水出しのほうじ茶。予想外の甘さにビックリ!2人のお茶にかける熱い情熱を感じた〝ええとこ〟でした。

執筆者 平田惟(リポーター)
2022年09月16日 (金)