NHK釧路放送局 blog

    • 2019年01月17日 (木)

    巨大地震に備える 防災ワンデー

お久しぶりです。寺井紀惠です。
ことしもどうぞよろしくお願いいたします。

1月13日(日)、釧路沖地震が発生したこの時期に毎年開催している防災イベント
「防災ワンデー」が開かれました。
今回のテーマは、「巨大地震に備える~日頃の心構えと情報で 命と暮らしを守る~」でした。
私も司会として、お邪魔させていただきました。

20190117_01.JPG

昨年は北海道も大きな災害に見舞われましたね。
胆振東部地震で被災された方には、心からお見舞い申し上げます。
釧路放送局のある釧路市は、大きく揺れることはなかったものの、
地震と同時に発生した北海道全域での大規模停電に見舞われました。

ここ数年、大きな地震がなかった釧路地方。
実家が別海町の私も、一番記憶に新しい地震は、2003年の十勝沖地震です。
ですが、ここ釧路根室地方では、巨大地震の発生や大津波襲来の切迫した危険性が指摘されています。
今回の防災ワンデーでは、そうした危険性についてよりわかりやすく、
より身近に考えられる2つの講演が行われました。

20190117_02.JPG

まず最初の講演は、釧路地方気象台 橋本勲台長による
「『巨大地震』・・・その日のために ~正しくおそれ、そして備える~」。
道東沖では、今後30年以内に震度6弱以上の激しい揺れにおそわれる可能性があるとのこと。
たんすや棚などの倒れやすい家具を固定したり、事前に避難場所を調べて家族で共有したりしておくなど、
ふだんから気をつけておきたいですね。

もう1つの講演が、NHK報道局 橋爪尚泰 災害・気象センター長による
「情報で命と暮らしを守る ~NHK災害報道の最前線~」。
かつて釧路局に勤務しているときに地震を経験した橋爪センター長。
そのときの映像と共に、NHKが行っている災害報道のお話をしました。

20190117_03.JPG
発生が切迫しているという巨大地震と津波。日頃からの準備と情報収集を心がけたいですね。

また、NHK釧路放送局では、地震・津波キャンペーン「巨大地震・津波から命を守る」を行っています。
こちらでは、特設サイト上で地震・津波に関する動画を視聴いただけます。
この機会に皆さん是非ご覧ください!
https://www.nhk.or.jp/kushiro/quake/