NHK釧路放送局 blog

    • 2018年12月07日 (金)

    「クレインズVSイーグルス」生中継!

平成最後のアジアリーグ・アイスホッケーは、いよいよ後半戦。
我らが釧路のクレインズは前半を首位で折り返し、
優勝に向けて大事な試合が続きます!
12月8日(土)と9日(日)は、恒例の北海道のチームどうしの対戦。
王子イーグルスを釧路に迎えての2連戦です。
NHKでは、9日の試合を生中継します!
私はクレインズ側の応援席リポーターを担当します。
また、今回両チームの注目選手のリポート企画も担当しました!

☆クレインズ:#9 FW 髙木健太選手

20181207katou_01.jpeg

クレインズはここまで1試合の平均得点がリーグトップ。
その原動力の1つが、若手の活躍です。
中でも24歳の若きエース髙木健太選手はチーム2位の7得点を挙げています。
髙木選手の持ち味のひとつが、野性味あふれるパワー!
チーム1の筋力から繰り出す強烈なシュートは重く速くGKも恐れるほど。
そのパワーの源は、”釣り”!
オフシーズンには川や海に毎日釣りに行くそうで、釣りざおは10本以上も!
釣りでは、胸下まで川につかります。全身で踏ん張らないと立っていられません。
そんな中で釣りをすることで体幹や下半身が鍛えられるそうです!
また“魚とのかけひき”はDFやGKとのかけひきにも似たものがあるんだとか。
大好きな釣りもトレーニングのひとつという髙木選手。
『僕の野性味を見てもらいたい』と話していました。

☆イーグルス:#23 DF 芳賀陽介選手

20181207katou_02.jpg左は札幌局・堀若菜キャスター。今回取材に同行してくれました。
クレインズの攻撃力をいかに抑えるかが勝利の鍵になるイーグルス!
チームを引っ張るのが、入団10年目のベテランDF芳賀陽介選手です。
昨シーズン終盤に右足首を骨折。プレーオフには出場できませんでした。
今シーズンは、ケガからの復帰もかけるシーズンです。
『コーナーでの1対1には自信あり。見てください!』と話していました。

パワーあふれる若い髙木選手を中心にしたクレインズのFWか、
チームの信頼抜群!ベテラン芳賀選手を中心にしたイーグルスの堅いDFか、
熱い試合になること間違いなし!

12月9日(日)日本製紙アイスアリーナで、午後3時10分フェイスオフ。
放送は、総合テレビ(北海道向け)で午後3時5分からです。

20181207katou_03.jpeg(イーグルスの応援席リポーター:堀キャスターと)