ここから読み上げブラウザ用のメニューです 本文へジャンプします NHK熊本放送局ホームページ内のリンクボタンへジャンプします 読み上げブラウザ用のメニューの終わりです
ここからNHK熊本放送局ホームページ内のリンクボタンです
読み上げブラウザ用メニューに戻ります
ここから本文です
天草支局脇崎友美

2019-2-21
天草の磯の香りがギュッ!アオサのシーズン到来。
春の息吹が感じられるこのごろ、天草の海ではこんな風景が。
海
収穫のシーズンを迎えた「アオサ」です。

作業場
苓北町で25年ほどアオサの養殖を手がける田中仁さんの作業場です。

この日は、地域の漁業に関心をもってもらおうと、
天草地区漁業士会の呼びかけで天草拓心高校の生徒5人が出荷作業を体験しました。
運搬
目視
アオサは乾燥させたものが販売されることが多いということですが、
田中さんは新鮮な生のアオサを出荷します。
水洗いして脱水したアオサをほぐし、袋詰めにします。
アドバイス
鮮度が命。丁寧に、しかも手早く作業しなければいけません。
元気あふれる高校生たちも、真剣な表情で黙々と取り組んでいました。

揚げる
そして、お楽しみの試食タイム。
アオサをどっさり入れた天ぷらのお味、いかがです か?
もぐも
「とってもおいしいです。こんな実習なら毎週でもいいな!」

うーん、たまりません!ということで、私も分けてもらったアオサを自宅で料理しま した。
“山芋鉄板アオサ入り”と
山芋鉄板
これまた“旬のキビナゴを使った汁物”です。
あおさ汁
新鮮なアオサ、見た目も鮮やかで食感も抜群。
私の料理の腕も上がった気分でしたハート
天ぷら

天草の潮の香りただようアオサ、ぜひご賞味ください!
「天草のアオサ、おいしいよ!」
「アオサ」



読み上げブラウザ用メニューに戻ります
▲ ページの先頭へ