ここから読み上げブラウザ用のメニューです 本文へジャンプします NHK熊本放送局ホームページ内のリンクボタンへジャンプします 読み上げブラウザ用のメニューの終わりです
ここからNHK熊本放送局ホームページ内のリンクボタンです
読み上げブラウザ用メニューに戻ります
ここから本文です
水俣支局 本庄 真衣

2019-1-10
みなさんこんにちは!水俣支局の本庄真衣です。
今年もよろしくお願いします。
この時期、特に年末年始は特別においしいものを食べたい!という方も多いのではないでしょうか。
ということで、今回はみなさんに水俣のおいしいスイーツの話題をお届けします。

スイーツ・・・といってもたくさん種類がありますが、今回のブログでは、先日12月20日(木)の放送で紹介した、
水俣・芦北地域では唯一の牧場・湯野牧場の「水俣エコ牛乳」を使ったスイーツを紹介したいと思います。

▼「水俣エコ牛乳」とは・・・
水俣市袋の湯野牧場で、60代のご夫婦が作っている牛乳。
市内の豆腐店のおからや、農園のみかんジュースの絞りかすなどを混ぜた手作りのエサで、牛を育てています。
加工は低温殺菌のみで、絞りたてに近いコクと濃い味わいが特徴です。
時間が経つと、ビンの上部に天然の生クリームが浮いてきて、それをなめてみると、とってもおいしいんです!
水俣市内の個人宅や店およそ300軒に配達していて、市内の道の駅や観光施設で購入することもできます。
「水俣エコ牛乳」スイーツめぐり


【菓子工房Arlequin(アルルカン)】
(水俣市栄町1−6−2)
「水俣エコ牛乳」スイーツめぐり
こちらのスイーツ店では10年以上、プリンとシュークリーム、ケーキに「水俣エコ牛乳」を使っています。
店長の西條公洋さんは
「飲んでみたらとてもおいしかったのと、牧場の湯野さんの面白くてあたたかい人柄にも惹かれて、
牛乳を使いたいと思いました。ほかの牛乳と比べると濃さや甘みが全然違って、お菓子もおいしくできます」
と話していました。
西條さんはご自宅でも、「水俣エコ牛乳」でヨーグルトを作って食べることもあるんだそうです。
「水俣エコ牛乳」スイーツめぐり
シュー生地の中にたっぷりと入ったカスタードクリームは、
とろりとした舌触りで濃厚で、さくさくのシュー生地と相性抜群でした。
「水俣エコ牛乳」スイーツめぐり
プリンもとても濃厚な味わいで、口の中でとろけました。


【鬼塚日昭堂】
(水俣市百間町2−1−6)
「水俣エコ牛乳」スイーツめぐり
こちらのお店でも、シュークリームや蒸しカステラ、ショートケーキのカスタードクリームに
「水俣エコ牛乳」を使っています。
「水俣エコ牛乳」スイーツめぐり
「水俣エコ牛乳」を使ったカスタードクリームが入った蒸しカステラ。
「水俣エコ牛乳」スイーツめぐり
丸い形をした蒸しカステラの中には、濃厚なカスタードクリームが詰まっています。
「水俣エコ牛乳」スイーツめぐり
ショートケーキ下部のスポンジの間にも、カスタードクリームが挟まっていて、ケーキの味を支えています。

店長の鬼塚憲幸さんは、市内のほかのスイーツ店店主から話を聞いて、
「自分も地元の食材でケーキを作ってみたい」
と、2年ほど前から、湯野牧場の牛乳を使っているそうです。
鬼塚さんは
「市販の牛乳よりも濃厚な味でおいしいので、スイーツにもその味を生かしています。
せっかく地元の水俣にいい素材があるのに、使わないのはもったいないです」
と話していました。


【モンブランフジヤ】
(水俣市大黒町1−3−10)
先日の放送では、こちらのお店のプリンを紹介しましたが、ほかのスイーツにも「水俣エコ牛乳」が使われています。
こちらのお店では地元に根ざしたケーキづくりをしたいと地元の食材を探していたところ、
「水俣エコ牛乳」と出会ってその味に惚れ、15年ほど前からずっと使い続けているとのことです。
「水俣エコ牛乳」スイーツめぐり
焼きドーナツ。しっとり・ふわふわとした食感が口の中に広がり、優しい甘さを感じました。
今の時期だと寒いですが、アイスキャンディーもあります。
夏はもちろんよく売れるそうですが、冬でも買いに来られるファンの方もいるそうです。
「水俣エコ牛乳」スイーツめぐり
アイスキャンディーは、ほかのスイーツと比べるとサッパリしていましたが、
シャリシャリした食感のアイスの中に濃厚な牛乳の味わいが感じられました。
パティシエの笹原英輝さんは「水俣エコ牛乳は、飲んでも食べてもおいしくて、
とてもいい素材です。うちのスイーツ作りには欠かせません!」と熱く語ってくれました。


「水俣エコ牛乳」はこのように地元のスイーツ店で使われているほか、道の駅で販売されているソフトクリームや、
地元の温泉街や観光施設のレストランでチーズフォンデュなどの料理にも使われているそうです。
地元にとって、なくてはならない、愛されている存在なのだなあと感じました。
「水俣エコ牛乳」スイーツめぐり
「水俣エコ牛乳」を作っている湯野牧場の湯野薫さん(64)、めぐみさん(60)。
牛乳には、夫婦2人の愛情がたっぷり込められています。

湯野さん夫婦は、「水俣エコ牛乳」を使ったスイーツや料理について、
「水俣の若い人たちが自分たちの牛乳でいろんなもの作ってくれているのは、とても嬉しいことです。
私たちも、若い人たちを応援するつもりで、頑張っています」
と、にこやかに話していました。

この冬は、みなさんもおいしいものを探しに水俣へ来てみてはいかがでしょうか?


読み上げブラウザ用メニューに戻ります
▲ ページの先頭へ