ここから読み上げブラウザ用のメニューです 本文へジャンプします NHK熊本放送局ホームページ内のリンクボタンへジャンプします 読み上げブラウザ用のメニューの終わりです
ここからNHK熊本放送局ホームページ内のリンクボタンです
読み上げブラウザ用メニューに戻ります
ここから本文です
県北支局 嶋村

2018-11-01
こんにちは。県北支局の嶋村です。
今回は、自慢の「世界文化遺産」と「干潟」をPRしようと荒尾市が市内の2つの駅に愛称をつけた話題です。

愛称がつけられたのは、荒尾市にあるJR鹿児島線の荒尾駅と南荒尾駅。
荒尾市がJR九州に提案して承諾されたのを受けて、
10月から駅の表示の一部がリニューアルされました。

こちら、荒尾駅の愛称は「世界文化遺産 万田坑駅」です。

県北支局 嶋村県北支局 嶋村

3年前に「明治日本の産業革命遺産」の1つとして世界文化遺産に登録された三池炭鉱・万田坑の最寄り駅なんです。
駅名や観光案内板の端に、万田坑の鋼鉄製のやぐらや、れんが造りの建物のイラストがデザインされています。

県北支局 嶋村県北支局 嶋村



一方、もう1つの南荒尾駅には 「ラムサール条約湿地 荒尾干潟駅」という愛称がつけられました。
世界的に貴重な湿地を保護することを定めた「ラムサール条約」に登録された「荒尾干潟」の最寄りです。

県北支局 嶋村

駅舎の入り口やホームの駅名表示には、
沈む夕日を背景に干潟の上を群れで飛ぶ渡り鳥の写真が使われています。

県北支局 嶋村県北支局 嶋村

駅から600メートルほどの場所には、干潟にやってくる渡り鳥を観察できることもある蔵満海岸があります。

県北支局 嶋村

私が足を運んでみた日には、潮が引いた干潟で、カニなどの生き物や野鳥を見ることができました。

県北支局 嶋村県北支局 嶋村


荒尾市の産業振興課観光推進室の角町翔太さんは 「駅に愛称をつけることで親しみを持ってほしいし、
観光地へのアクセスの良さをPRしたいです」と話しています。
この駅名表示のリニューアル、通学などで利用する学生たちが真っ先に気づいてくれたとのこと。
「きれいになりましたね」とか「駅とマッチしていていい」などと、評判は上々だそうですよ。

秋晴れが多く過ごしやすいこの時期、鉄道を利用して観光地に出かけるのも楽しそうですね。





読み上げブラウザ用メニューに戻ります
▲ ページの先頭へ