ここから読み上げブラウザ用のメニューです 本文へジャンプします NHK熊本放送局ホームページ内のリンクボタンへジャンプします 読み上げブラウザ用のメニューの終わりです
ここからNHK熊本放送局ホームページ内のリンクボタンです
読み上げブラウザ用メニューに戻ります
ここから本文です
県南支局 東 義徳

2018-10-04
こんにちは。県南支局の東です。
ここのところ朝晩は涼しくなり、秋の到来を肌で実感しています。
秋といえば・・・そう、「芸術の秋」。そこで今回は芸術にちなんだ話題をお伝えします。
9月27日、宇城市三角町にある市立三角小学校で、楽器の生演奏を体験する催しが開かれました。
いきいき芸術体験教室

子どもたちに生の音楽や伝統芸能などを鑑賞してもらい、感性を磨いてもらおうと、
熊本県が毎年9月実施している、「いきいき芸術体験教室」の1つとして開催されました。
参加したのは、三角小学校の全児童およそ190人と、近くにある保育園の園児たち30人。
ゲストとして招かれたのは、西原村に拠点を置き、様々なオリジナル楽曲の制作や、
国内外でのコンサート開催に精力的に取り組んでいる、
吉川万里さんと竹口美紀さんの男女2人組ユニット、「Viento」(ビエント)です。
いきいき芸術体験教室

この日、Vientoのお2人は、阿蘇の大自然をテーマにしたオリジナル曲や、
テレビ番組やアニメ映画のテーマ曲など、あわせて7曲の生演奏を披露しました。
吉川さんは南米発祥の縦笛である「ケーナ」や、「サンポーニャ」と呼ばれる管楽器などを、
曲によって使い分けながらメロディーライン(主旋律)を奏でます。
いきいき芸術体験教室
一方の竹口さんはシンセサイザーの演奏を担当。
いきいき芸術体験教室
子どもたちは2人が奏でる、力強くも繊細で心温まる音色に聞き入っていました。
いきいき芸術体験教室

そして子どもたちは、色々な海外の楽器の演奏にも挑戦しました。
いきいき芸術体験教室
演奏したのは、ペルーの遺跡から発掘されたという土笛を再現した楽器や、
いきいき芸術体験教室
嵐の音がするという「スプリングドラム」など。
いきいき芸術体験教室

小学6年生の女子児童の1人は、
「すぐ目の前で演奏を聴けて、とても楽しかった。
 Vientoのお2人のように、音楽を通していろんな人たちと交流をしていきたいです」
と感激した様子でした。

秋には県内のいろんな場所で、芸術にちなんだ様々な催しが開かれることと思います。
皆さんもぜひ、「芸術の秋」を満喫しましょう!



読み上げブラウザ用メニューに戻ります
▲ ページの先頭へ