ここから読み上げブラウザ用のメニューです 本文へジャンプします NHK熊本放送局ホームページ内のリンクボタンへジャンプします 読み上げブラウザ用のメニューの終わりです
ここからNHK熊本放送局ホームページ内のリンクボタンです
読み上げブラウザ用メニューに戻ります
ここから本文です
天草支局 脇崎友美

2018-06-18
こんにちは!天草支局の脇崎です。
天草市で開催中の、地元出身の漫画家、高浜寛さんの作品の展示会についてご紹介します。
(「たかはま かん」さん、女性です)

高浜さんは、現在「ニュクスの角灯(ランタン)」という明治初期の長崎とパリを舞台にした作品を月刊誌に連載中なんですが、なんとこの作品は文化庁第21回メディア芸術祭優秀賞にも選ばれている名作なんです!

展示会は天草市天草町・下田温泉の旅館で開かれていて、「ニュクスの角灯」の原画約20点や、高浜さんのプロフィールを紹介するパネルなどを見ることができます。

実は私、以前から高浜さんのファン。自分が持っている本を持参して原画と見比べてみたのですが、カラー原稿の鮮やかさや、白黒原稿のタッチの繊細さに驚き、そしてうっとり!とてもステキでした〜。

この展示会は無料で、誰でも入場できます。会場の旅館のオーナーの山崎博文さんは「高浜さんの『地元を盛り上げたい』という気持ちに共感しました。天草出身の漫画家の魅力を知ってほしいし、今後も天草のよき物を発信していきたい」と話していましたよ。

そして、この旅館のレストランでは高浜さんが現在準備中だという新連載のテーマ「16世紀から17世紀の天草キリシタン文化」にちなんだランチも味わえます。
脇崎記者
当時のポルトガルの船乗りたちが、長い航海の間に食料にしていた「塩漬けのタラの身」などを使ったメニュー。はるか異国から伝わったキリスト教や南蛮文化が花開いた、かつての天草に思いをはせるのもロマンチックですね。

この展示会は6月30日まで開かれています。展示の見学は11時半から17時まで。
お問い合わせは天草町の下田温泉、石山離宮・五足のくつまで。
電話番号は0969−45−3633です。

※崎は立へんのさき

読み上げブラウザ用メニューに戻ります
▲ ページの先頭へ