熊本地震のリアル 女性たちの熊本地震
『消せない傷、見えない私』

その女性たちはあるとき、不意に心が壊れていることに気づいたといいます。
”自分が自分ではない”ような、フィルター越しに映画をみているような。
自分の人生に感情移入ができない。

そういった感覚、感じたことはありませんか?

実は、私は経験したことがあります。

これは、ある病気の典型的な症状なのです。


(NHK熊本記者 高橋遼平)

地震から2年たっても…“自分が自分じゃない”感覚

「夫の妻という立場と、高校生の息子の母という立場、どちらもうまくこなせなくなってしまって」

現在、宮崎県で暮らすノゾミさん(仮名)49歳。
おととしの熊本地震で大きな被害を受け南阿蘇村から避難してきました。
初めて会ったときの印象は明るく包容力のあるお母さんといった感じでした。

しかし、地震の話になると、強い緊張からか、体はこわばり、言葉は途切れ途切れに
なってしまい、取材をこのまま続けていいのか不安を感じるほどでした。

ノゾミさんは、”自分が自分ではない”ような感覚に悩まされ続けているといいます。

感情を失った私 “息子の高校合格も他人事”

ノゾミさんが異変を感じたのは家族への感情の変化でした。

夫が経営する歯科医院は地震で大きな被害を受け地元での営業を断念。
家を失い、多額の借金だけが残り、途方に暮れました。

そんな中、ようやく地震から1年あまりたったころ、夫の友人の支援で
なんとか宮崎で再建するめどが立ちました。

しかし、ノゾミさんは喜ぶことができなかったのです。

去年の長男の高校受験でも・・・。
全国有数の難関私立高校に合格したときにも、まずこみ上げたのは喜びでなく、不安でした。

「なぜか他人事みたいな感じがして」。

実は、同じような経験が私にもあります。

中学1年の秋に父親が自殺した日から、
自分を背中越しに見ているような感覚が始まりました。

自分は感情を失ってしまったのか。

なぜ、自分は変わってしまったのか。

私たちの問いを探るうちに出会ったのがトラウマ治療の専門家でした。

Page Top