ページの本文へ

NHK熊本WEB特集 クマガジン

  1. NHK熊本
  2. 熊本WEB特集 クマガジン
  3. 熊本城ホール初のバックステージツアー開催

熊本城ホール初のバックステージツアー開催

  • 2024年05月27日

熊本城ホールのふだん見られない裏側を大公開

ことしで開業から5年を迎える熊本城ホールでは、もっと市民の皆さんに魅力を知ってもらい、活用してほしいと初めてのバックステージツアーが行われました。
どんなツアーだったのか、取材してきました。

初めて行われたバックステージツアーには100人を超える応募があり、抽選で選ばれた9歳から74歳までの18人が参加しました。

4階にあるメインホールには、約2300の座席が並んでいて、壁はすべて小国町の杉が使われています。温かみのある木のいい香りがしました。

舞台のプロが実際に使う機械を操作

参加者たちが舞台の上へあがると、演劇などの時に使う機材を実際に操作する体験が行われました。

照明卓の操作体験

照明の操作の体験では、手元のつまみを調整してライトの色を変えることができます。

音響卓の操作体験

音量や音質を調整する機械の体験では、音響機械のつまみを動かすと、声が変わっていく様子を楽しんでいました。

ふだん見られない舞台裏へ…

ステージの裏側へ進むと、熊本城ホールが開業してから今までに訪れたアーティストたちが残したサインがずらりと並びます。皆さん、興味津々で写真を撮る手が止まりません。

 

4階 楽屋

楽屋にも潜入。あこがれの歌手や俳優が使っている様子を思い浮かべながら、参加者たちは、ソファの座り心地を確かめたり、化粧などに使う大きな鏡の前に腰掛けたりしていました。

災害用の備蓄が保管されている倉庫も

熊本城ホールは、災害時、帰宅困難者の避難場所に指定されています。

災害用の備蓄倉庫

メインホールの出入り口付近にある倉庫には、1万人分の食事を3日間まかなえる量の「ごはん」や「カンパン」などが備蓄されていました。
能登半島地震の被災地には、熊本城ホールの倉庫からおよそ1万2500本の水が送られたそうです。

熊本地震で全国から送られた毛布

倉庫には、2016年の熊本地震の際に全国から送られた毛布も保管されています。
この施設で備蓄しておき、いざというときに使用できるようにしているのです。

 

【熊本城ホール公演誘致部 大越智弥さん】
まだこのホールに来たことがないお客様も結構いると思うので、
いろんな人に参加・体験できるような形で続けていければと思います

今回のバックステージツアーが好評だったため、今後は、月に1回程度開催される予定だということです。応募方法などは、熊本城ホールのHPに順次公開されます。
皆さんもふだん見られない舞台の裏側をのぞきに行ってみてはいかがですか?

  • 赤塚安莉

    熊本放送局 キャスター

    赤塚安莉

    熊本にきてまだ2か月。いろいろな場所に足を運びたいです!

ページトップに戻る